クローバーのLife is cozy

cloverusa.exblog.jp

繕い裁つ人



やっと、日本に到着です

長かった飛行時間


どうも、わたしは寝ることに神経質なたちで

乗り物で眠ることができない上


しかも胃も弱いときてるから



飛行機のなかの12じかんほどは、

水しか飲まず

目がぎんぎん


そんな過酷な機内の楽しみといえば

映画


今回も3作品見ちゃいました


その中のひとつ

繕い裁つ人


c0327528_07301157.jpg



ミニシアター系の地味な映画ではあるのですが


なんだか、ジブリのような

ちょっと懐かしい映画でした


主人公は、洋裁を生業とする独身女性


おばあちゃんから受け継いだ洋裁店を

頑なに守っている


現代からみると夢のような

シュチュエーション


高台の洋風な建物

昭和の香りの店内

こんな風景は今の日本でみられない


でも昭和生まれのわたしにとっては

懐かしい風景


わたしが物心着いた頃から

うちの母は自宅で洋服を作る仕事をしていました


保育園や学校から帰ると

すぐに母親の作業場に行って

宿題やらオヤツを食べたりしたものです



そこには映画のように近所の人たちが

オーダーしに来て、採寸したり

仮縫いしたり

世間話をして帰っていく


当然、わたしの着る服は全部母の手づくり

セーラー服に至るまで

全部オートクチュールだったんです


でも当時はいやでいやで、みんなかっこいい流行りの

既製品をきているのにわたしだけかっこ悪い!


母はもともと実用的な人で

機能的な服しかつくってくれなくて


赤毛のアンのように膨らんだ袖にいつも

憧れを抱いていました(笑)


この映画は夢のような店でありながら

わたしの小さかった昭和40年代には

たしかに幾つか存在していて


小さな田舎街でも布や洋裁用品を

買うことができました


新しい布を母とみにいって

変わった生地に見とれたり

どんなワンピースに仕上がるのか

ワクワクしたり



そんな大昔のことをなつかしく

思い出しながら鑑賞しました



だんだんと日本も豊かになって物があふれて

わたしが小学校高学年に

なる頃には

注文に来る人も少なくなり


母は洋裁では生計が立ちいかなくなって

外に働きにでていくことになりました


母がいつも


最近は安くて洒落た服が買えるけん

高いお金だして

寸法測って、仮縫いしたりして

出来上がりをのんびり待つ人なんて

おらんなったんよ


なんでもそうなのですが

ネットを開けばすぐさま、買い物できて

流行りがわかって

服も使い捨てのように

買うことができる


母のように、洋裁店で見習いからはたらいて

やっと一人前になっても

食べてはいけない世の中になってる


お花の世界もそう、ちょっと習って

少しセンスがあれば見よう見まねで

商売ができたりする



時代は変わっていくんだよ

といわれれば、それまでですが


職人さんにプライドがあり

また、皆が職人さんをリスペクトしていた

時代が眩しくて、懐かしくて

愛おしい


どこの国でもそうですが、そういったスキルを

持っている人が

安心して暮らせるようなシステムであって欲しいなあ


人を騙すのがうまい人が儲ける社会じゃ

なくってね









いつもご訪問ありがとうございます
よければ応援クリックお願いいたします

にほんブログ村
http://flower.blogmura.com/flowerarrangements/
にほんブログ村ブログランキング参加用リンク一覧
フラワーアレンジメント(個人)ブログランキング参加用リンク一覧
ロサンゼルス情報ブログランキング参加用リンク一覧

こちらもよろしく

人気ブログランキング





[PR]
Commented by pikorin77jp at 2015-08-21 10:09
とっても素敵な記事 。。。きっと同じ世代、同じ昭和の頃を懐かしく思っている自分です。写真の映画 是非見たい!と強く思っています。 私 最近この足踏みミシン 手にいれたんです。しかもまだ 十分使えるのです。 私のワンピースを縫ってくれてた母、、あの頃が懐かしくて。
Commented by teakota at 2015-08-21 18:52 x
こんばんは。
お久しぶりです。
そしてご帰国、お疲れ様です。

「繕い裁つ人」、見たいと思っていました。
落ち着きある素敵な映画なんでしょうね。

cloverさんのお母様は洋裁をされてたのですね。
私の母は仕事ではなかったのですが器用だったので、子供の頃の洋服は姉とお揃いで作ってくれてました。
ほんまに今、洋服も使い捨て、、、何とも寂しい時代ですね。

確かにちょっと習って見よう見真似で商売ができ、何が本物なのか分かりにくい世の中です。
見極める目を養わないとあかんな、と思います。

(ところでお母様の方言は広島弁? 因みに私は広島出身です。^^)
Commented at 2015-08-21 19:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cloversdesign at 2015-08-22 09:06
> pikorin77jpさん
ありがとうございます。ピコさん是非お着物を着て、このロケ地で写真とってください。
雰囲気ぴったりですよ!
多分同じ世代、わたしはちびまる子ちゃんと同い年だったと思いますf^_^;

それと、このミシン手に入れたのですか!?しかも、まだ使えるなんて!
わたしがチョコッと洋裁を習ってた時、使うのは、昔ながらの足踏みミシンとロックミシンのみ
今、自宅ではコンピュターのミシンですが、いろんな意味で、足踏みミシンの足元にも及びません。
昔のミシンはすごく丈夫、しっかりメンテして長く使われるといいですよ、オシャレだし。
ミシン直しの職人さんもすくなくなってきましたけどね
Commented by cloversdesign at 2015-08-22 09:29
> teakotaさん

日本でもそうかもしれないけど、アメリカって、なんでもやったもん勝ちの風潮がある気がします。拝金主義で、でもみんなそれじゃいけないっlて感づいてきてるんですよね。

Caramelさん、広島ですか?わたしは愛媛なんです!
お隣ですね!私たち家族の公用語は愛媛弁なんですf^_^;
Commented at 2015-08-22 09:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-08-23 17:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cloversdesign at 2015-08-23 20:02
> 鍵コメさん

すみませーん そちらに訪問させてコメントさせていただきます(≧∇≦)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by cloversdesign | 2015-08-21 07:40 | つぶやき | Comments(8)