クローバーのLife is cozy

cloverusa.exblog.jp

トレジョーのお花春爛漫






一年中穏やかな気候の南カリフォルニア


もちろん海沿いは雪も降りませんし紅葉もありません



一年中春みたいな気候



四季はそれなりにあります

木々の芽吹きや草花

スーパーに並んだお花を見て

ああ春がきたなあ


と感じる感覚



日本人ならではかもしれません


春のお花がなんなのか知らない人が結構います


つらい冬がないから一斉に咲く花々たちにも目がいかないのかね




この間テレビで日本語を喋るアメリカ人が



日本は四季があるっていうけど

どこでもあるよ

なんでそれがいいところなの?


って言ってましたが



たしかに四季のある国の方が多い


でも、アメリカのジョージア州はアトランタ(緯度が大阪と一緒)

カリフォルニアに住んだ経験がある私からいうと



日本にはすばらしい四季があるといえよう



やっぱり他と違う!空気感、歳時記


一つ一つのシーズンが濃いようなきがします





そんな私日本人がスーパーの店頭に並んだお花で


春のアレンジメント作りました



c0327528_07450085.jpg


Spring has come



ビンセントとスタニスラス

(まだ言ってる汗)




昨日は私の通ったカレッジフラワークラスで

AIFDデザイナーさんによるデモがありました



テーマはピンクでフラミンゴパーティ



いろんなアイデアをシェアしてもらいましたが



でもなぜフラミンゴ?

トロピカルフラワー?



3月だからピンクでもパステルだよね〜


こう思うのはやっぱり日本人だから?


その時々の旬の花を使いたいなあ

と思うのでした




c0327528_07445749.jpg



このころんとしたラナンキュラス




好きで好きでたまらない






いつもご訪問ありがとうございます
よければ応援クリックお願いいたします

にほんブログ村
http://flower.blogmura.com/flowerarrangements/
にほんブログ村ブログランキング参加用リンク一覧
フラワーアレンジメント(個人)ブログランキング参加用リンク一覧
ロサンゼルス情報ブログランキング参加用リンク一覧

こちらもよろしく

人気ブログランキング





[PR]
Commented by sazaneri873 at 2017-03-24 20:30
こんばんは~
素敵な生け花ですね。
フラワーアレンジメントなんですか。
春らしくて華やぎますね。
Commented by cloversdesign at 2017-03-25 05:36
> sazaneri873さん

ありがとうございます。
生け花的アレンジ、困った時はいつもこのパターン(笑)
やっぱり春のお花は明るく伸びやかでいいですね〜。
Commented by suzu-clair at 2017-03-26 15:02
こんにちは。
こちらの記事に遅れてのコメントになって失礼いたします。
先日出張中にこちら拝見して、
コメントしたかったけど、スマホからやりにくくて^^

cloverさんの書かれてること、すごくわかるなあ~と思いました。
そうそう、確かに四季の歩くには日本以外にもたくさんある。
けど、
この微妙な季節の移ろいに目を向ける繊細で豊かな感性とか・・・
日本人だからこそ感じ取れる感性、
これを大切にしたいんだなあ~。。。なんて思っちゃいますね^^

同じ赤でも、12月のクリスマスカラーの赤と、新年になってから彩る寿ぎの赤は違うから使い分けるんだ、とか^^

たぶん、その国その国で、その人たちだけがもつ感性・感覚というものもあって、
それぞれがその国の人にとって誇りに思えるすばらしさがあるのだと思うけど、
やっぱり日本人がもつ美意識にふれると、
日本人でよかった~って思っちゃいます。
そういうところ、もっと私たち自身が大切にして、伝えていきたいですね。

↓の、ディズニーバックステージの記事も、
お気持ちわかるなあ、なんて思っちゃいました♪
cloverさんの記事は、共感できることが多くていつもうんうんとうなずきながら拝見しています^^

コサージュ、生花もアドヒーシブ接着なんですね!
リストコサージ、この方法のほうが見た目もスマートですね。
cloverさんの作品、素敵です☆
Commented by cloversdesign at 2017-03-27 07:59
> suzu-clairさん

ありがとうございます。
そう日本人ならではというより日本の風土がそうさせるのかもしれません。
やっぱりずっと鎖国をしてきて独自の文化を発達させたことも一理あるのか?
いや?でも平安の時代から愛でてきましたね。
まず、お手紙の冒頭にさくらの蕾もようやくほころんできました。なんて書く国
考えたらなかなかないですよね(笑)昔から愛でるように教えられてきたのかな?

お花のデザインって完全に舞台裏、仕事はキツイし、誰それのデザインでって世にでることもない。特別なデザイナー以外?)でも自己満足ですが、終わった後よっしゃあみたいな満足感があって、これが癖になるんですねえ〜もうけようと思ったらできない仕事かと(汗)

日本もデザイナーさんの間ではグルーらしいですね。可能性がぐっと広がりますね。
Suzuさんの繊細ながらクリエイティブな作品も毎回楽しみにしています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by cloversdesign | 2017-03-21 07:59 | フラワーアレンジメント | Comments(4)