クローバーのLife is cozy

cloverusa.exblog.jp

エリックカールとナナ




今年、日本でエリックカール展が開催されているようですね


エリックカールはアメリカの大人気絵本作家
日本でもはらぺこあおむしなど
たくさんの日本語訳も出版されています



ただいま東京在住の長女も2回行ったそうです



c0327528_05523032.jpg


エリックカールの技法で作ったビスケの缶バッジ


ほんとに凝り性です




エリックカールは夫の時代からの絵本作家

本国での人気はもちろん日本以上で


アメリカの子供達は
ドクタースースとエリックカールで育ったと言われるほど
みんな知っています



うちの娘たちは、生まれも日本
小学校の高学年までずっと日本でした

アメリカ人の夫は常に英語ではなしかけてはいるものの
日本の田舎で育てている娘たちは
英会話とはパパのしゃべる言葉のみ

小さい頃から、ビデオと絵本だけは英語を
見せたり読み聞かせたり


毎月夫の両親がたくさんの絵本やビデオを送ってきます
喜んで見るものの
日本ではいっさい英語は話しませんでした
(夫とも)



夫の両親にとって初めての孫
遠く日本に住んでいることもあって
2年か1年に一度はアメリカへ里帰り
私たちがいけない時はアメリカから両親が
やってくる

そんなパターンでむしろ日本国内にいるのに遠くに住んでいる
家族のひとたちより、もっと日数も関係も濃かったかもしれません


そして一緒にいる時は、娘たちのおばあちゃんである義母が
毎晩絵本の読み聞かせをしてくれました


エリックカールやドクタースースの人気の秘密は
一つには独特の英語の言い回しがあります


シンプルな英語で詩のように
リズムよく歌うように読める


日本でいう5,7,5のようなリズム


子供が覚えやすいように楽しく耳に響きます


義母は毎日毎日
寝る前の30分間いっしょにベッドに入って
娘たちは黙って聞いていたけど

それは娘たちの中に思い出として積もっていきました




c0327528_05523544.jpg

2回も行ってしまった長女
懐かしくて懐かしくて
つい2回も足を運んでしまったんだといいます



エリックカール展でね
朗読を聞けるところがあるんやけど

それ聞いとると
ナナ(義母)の声が響いてくるんよね〜



将来、もし孫ができたら孫にそんな言葉を言ってもらいたいな
と思ったのでした

それって自分の努力次第だろ(汗)




Brown bear Brown bear
what do you see
I see a red bird
looking at me






 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
Commented by mimirin0721 at 2017-08-01 14:58
素敵なお話ですね。
うちの娘が好きだった絵本は、「はらぺこあおむし」と「パパ、おつきさまとって」で、今でも大事に持っています。
毎晩、今日は何にしようかと感がるのも楽しかった寝る前の、読み聞かせ、懐かしく思い出しました。
Commented by じぇにー at 2017-08-02 02:13 x
心温まる
エピソードに
思わず孫欲しゅうなりよります。
(子供はいらんですが) 

離れとっても
こうしてリアルタイムで
家族と繋がっとれるのエエですね!

いざいう時には
ブロック機能あるし(笑

Commented by cloversdesign at 2017-08-02 02:22
> mimirin0721さん

子供が小さくて読み聞かせの時期、手はかかったけど楽しかったですね。
今、エリックカール展は京都だそうです。是非、足を運んで見てください。
Commented by cloversdesign at 2017-08-02 02:26
> じぇにーさん

ブロック機能、それそれ!

でも優しいおばあちゃんになるのも、努力がいるのかなと思いました。
無理してでも会いに行く!ひたすら孫と遊ぶ!
どうでしょう?私に孫ができるなんて実感ないですが、、10年後にはいるかもしれないですね。
やさしいおばあcちゃんと思い出してもらえるよう努力します(笑)
Commented by Cellomama2016 at 2017-08-02 15:37
エリックカールファンの私には、
娘さんが二回も見に行く気持ちがわかります。
ましておばあちゃまとの思い出もあり
尚更ですね。
ビスケちゃんの缶バッジは良いですね〜♥️可愛い😍
Commented by marie_josephe at 2017-08-02 23:49
cloverさん、こんにちわ。
本の事からはコメントが逸れていますが、みなさまの
コメントが楽しくて、思わず仲間入りしてしまいました(^_-)♪
我が家は、夫と娘夫婦、孫二人と同居です...ここまでは、
世間によくあるパターンですが...
娘は仕事で日本に居ないことも多く、その旦那さまは海外に
赴任し、仕事一筋の夫は、退職してからは、バドミントンと
孫たちをこよなく愛してやまない羨ましい日々を過ごしています。
よき妻、よき母、よきおばあちゃんの私は、時にはぼろ雑巾の
様になっているんじゃないかしら?!
でも「ごっこ遊び」だと思って乗り越えています(・・;)笑

cloverさん、とっても素敵な grand motherに
なられそうだわ~♥
みなさんも、とっても素敵♪
Commented by cloversdesign at 2017-08-03 04:52
> Cellomama2016さん

ファンでいらしたんですね。
改めて日本のエリックカールファンの方の多さにもびっくりしています。

ほんとに鮮やかな絵とシンプルな文章に引き込まれますね。
缶バッジは、小さい子供たちに混じって2時間かけて作ったそうですよ(笑)

Commented by cloversdesign at 2017-08-03 05:15
> marie_josepheさん

いつもマムさんとお孫さんのやりとりを読むの楽しみにしています
いくら孫とはいえ、ベビーシッターというのは大変な仕事です。
それを、ほんとに楽しんでいらして、こんなにやさしくブログに書いていらっしゃる。
なかなかできないことですね。

私も日本にいる時は、実家も近かったし、アメリカへもしょっちゅう、子供だけ送ったり
両親、義両親ともに大変お世話になりました。そんなふうに色んな人に小さい頃から
触れさせたからか、今でも、物怖じせずにどこでも飛び込んで行くところがあります。
人間関係で悩むことも少ないような気がします。
うちの子供たちはみんなに愛されて幸せだった(今でも?)なあと思います。

今はぼろ雑巾でも(よくわかります)わがまま言ってても、子供たちはちゃんと思い出を刻み付けてますよ。
大人になってふっと花の香りを嗅いだ時、やわらかな日差しにゆれるカーテンを見てる時とか、何気ないシーンでマムさんのことを思い出すのでしょうね。

夏休み、大変でしょうが、がんばって乗り切ってくださいね(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by cloversdesign | 2017-08-01 06:28 | つぶやき | Comments(8)