クローバーのLife is cozy

cloverusa.exblog.jp

カテゴリ:旅( 43 )

男のショッピングモール的な Museum of Pop Culture



さてシアトル観光3日目
(といっても全部で5時間くらいの所要時間ですけどね)



シアトル出身のミリオネアが投資して2000年に建設された

Museum of Pop Culture
ポップカルチャー博物館


にいってきました

c0327528_03093944.jpg
画像お借りしました

このクールな未来形建物
モノレールが入る様はまるでSF映画


最初はロックンロール博物館だったのが
SF映画、ゲームなどの幅広いポップカルチャーの展示も扱うようになり

今ではMuseum of Pop Cultureと
名称を変えています


ロックン・ロールとSFとゲームとくれば

男子よろこぶ(笑)博物館



今回、夫と二人で行ったのですが
このミュージアムでかなりの時間をさきました(汗)

c0327528_03523833.jpg

ミュージアム中央にある圧巻ギターの塔




c0327528_03524421.jpg

ジミヘン!

他にもデビッドボウイやニルバーナなど
音楽のカリスマたちの展示があります


シアトル出身のジミーヘンドリックス
私はウッドストックにでたジミヘンくらいの
知識しかなかったのですが

彼の展示物、ストーリーも興味深く
キャッチーな展示でした

夫にいたっては展示物一つ一つを撮影する懲りよう
50代、60代男子にとっちゃあ
Heroだよね〜


ミュジアムは、映画部門もありそれぞれ
SF, ファンタジー、ホラー
部屋ごとに展示が


c0327528_03524961.jpg

スタートレック


ここでもかなりの時間をさきました


見物人も一眼レフカメラ携帯人多し
あら?ブロガーかしら?なんて親近感
オタク男子も多かったです


c0327528_03530631.jpg
  ホラー映画


ここでは展示というよりそれぞれ有名なホラー映画の
Making ofのようなビデオが
ブースごとに流れていたのですが
私的にこれがヒット

当時グロいけど、ホラー映画でおもしれーっと
思った映画
”死霊のはらわた2”

何気にやっぱりその手では評価が高かったようで
私の見立ては間違ってなかったと
変に納得したり

いや

脱線




そて特別エキシビションは

ジムヘンソン

そうセサミストリートの生みの親

c0327528_03532440.jpg
カウント好きでしたね〜


夏休みの昼前といえばセサミストリートでした
英語なのに、わからないのに
好きで毎日見てましたね


子供ができてからもビデオを買っていっしょに何百回と見たことか
長女はクッキーモンスターが大好きで
いつも歌ってたなあ


あっ
脱線




なんというんですか、
この博物館は、ある意味マニアックなところもあるので

RRやSF好きにとってはきらきらしたところだし
SF?音楽?興味ないしって方にはちょっと退屈かも?


旦那様が目を輝かせて回ってる中
奥様がロビーに座って携帯いじってるというような

ショッピングモール逆板?!


なミュージアムでした


c0327528_03533080.jpg
なぜかBen & Jerryのアイスクリームバンがよく似合う



このニードルポイントとMoPOPは両隣にあり
ダウンタウンの中心部から
歩いても20分ほどでいけます

モノレールを使うとさらに手軽にいけますよ



さて、そのあとはぶらぶら歩いて、またまたPike Place Marketへ


歩き疲れた体と喉を潤すため
ちょっと小洒落たCafeへ

c0327528_04265805.jpg


フレンチレストラン

レストランというよりビストロCafe的雰囲気
カジュアルで入りやすい

お店の方もフレンチなまりの英語でした


まずはおきまりのつまみプレート

c0327528_04262429.jpg
Farmaers Board

美味しかったです
パテも美味しかったのですが、本格的すぎて
ちと重かった


c0327528_04261007.jpg

カニサラダ

アボガドをマッシュした中にアスパラとネギ
クルセルで形取って上に市場のとれたてカニ肉を

これは家でできそう


c0327528_04261770.jpg

オリーブパスタ


パスタを刻んだ黒オリーブであえてから

トマトソースをかけていただきます

トマトソースも赤ワインやケーパー、アンチョビーなどはいっていて
ちょうどプッタネスカのようなパスタです


これがよくワインに合うんだ



フレンチなのに気取ってなく
さらっといける店構え
お値段もYelpで見るとそんなに高くありません


がっつりというよりお酒を楽しむ感じでいくのがいいですね

Pm4~Pm6のハッピーアワーがおすすめです






さあ、明日はメイン、シンポジウムの様子など




遊びにきてくださってありがとうございます

よろしければポチっとね


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]
by cloversdesign | 2017-07-08 05:39 | | Comments(0)

エメラルドシティ シアトル 〜スペースニードル〜




シアトルがエメラルドシティと呼ばれる所以


水と、緑の街だからです


雨がよく降る

なので、緑が非常に多いです

c0327528_06470752.jpg

街も今が盛りの花々で彩られます


c0327528_06473205.jpg


馬乗りポリス
この街によく似合います




c0327528_06545299.jpg



ダウンタウンのラグジュアリーなアパートメント

採光をとるためガラス張りです


c0327528_06474782.jpg
トーテムポール


c0327528_06473634.jpg
あちらこちらにアーティスティックなオブジェがありますよ


やはり日照時間はどうしても少ないシアトルですが


夏は別


澄んだ青空が広がります

公園ではこの太陽を恩恵を受けようと

たくさんの人たちが寝そべって日向ぼっこ

う〜んこれはLAではみかけないなあ
寝そべってると焼け死んじゃうからね(汗)


さて今度は、シアトルといえばこれ!

スペースニードルを見物に


c0327528_06542264.jpg

1962年の万国博覧会で建設されたこのタワー



これを見て私が真っ先に思い浮かべるのは
Wowowで毎回楽しみに見ていた

(Northern Exposure)


NYの都会から医大奨学金返済の
奉公勤務としてやってきた
フライシュマン

アラスカの田舎町
シシリーの町民との交流を描くコメディ


この街愛すべき変人ばかり住んでいて
その当時まじでこの架空の街に住みたいと心から思いました

あっ

脱線


さて
フライシュマンの勤務する療養所に努める
ネイティブアメリカンのマリリン

いつも寡黙で無表情に
たんたんと仕事をこなす彼女


生まれてから一度もアラスカを出たことがありません

その彼女が

ある日突然

都会を見たいと行って
一人旅に出かけるのがシアトル


マリリンが、初めてのシアトルでこのタワーを見上げていたのが
印象的でした

なんでそこ!?

なんですが、シアトルマリナーズよりなにより私にはマリリンなのでした

って調べてて


なんと!たどり着けばアラスカのロケ地は
シアトルから2時間ほど離れたロズリンという街でした!


知らんかった!
下調べしといて行ったらよかった〜

さらに、もしかして
ドラマもう一度リバイバルかも?というニュースも!


楽しみがまたひとつできました(笑)


また自分の世界にはまってしまいましたが

なつかしいなと思われた方これ見てくださいね






フライシュマンが超かっこよくなっている!!


明日は、ミュージアムなど




遊びにきてくださってありがとうございます

よろしければポチっとね


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]
by cloversdesign | 2017-07-07 08:11 | | Comments(4)

砂漠のお花畑




今年の南カリフォルニア

いつもの年より数倍雨が多かったんです



12月から3月が冬でだいたい雨季にあたります

ここ6〜7年、ほとんど雨が降らない状態だったのが

今年は、たくさんの低気圧がやってきて雨を降らせました


災害もでたのですが、大地が潤ったことは確か



そんな潤いを含んだ大地が、今見事にに花を咲かせています



そんな砂漠のお花畑に先週行ってきました



Mintmint36さん

紹介してもらった


Walker Canyon Trailです





c0327528_04482045.jpg


ハウルの動く城が出てきそうでしょ



花盛りだぞ!なんだか今年はすごいぞ!


というような記事や映像が

SNSで2週間ほど前に盛んにシェアされたこともあって

花の盛りは多分すぎてるにもかかわらず


すんごい人ででした


c0327528_04513013.jpg



トレイル入口までも長蛇の列





c0327528_04472254.jpg


なぜかアジア人団体観光客まで



今回は写真を撮る気で、ビスケットは絶対つれていきたくなかったのに

(おばあちゃんだからバテる)



夫がどうしてもと言いはりつれてくはめに



なので奥にはあまりいけませんでした



c0327528_04475832.jpg



トカゲはどこ?



c0327528_04473298.jpg

トカゲはどこ?




花を愛でるより岩場を探検するのに余念がない(汗)




c0327528_04481641.jpg


  マクロで撮った花たち




c0327528_04475573.jpg




c0327528_04482498.jpg





c0327528_04474330.jpg



c0327528_04473938.jpg



c0327528_04471225.jpg



全部、ワイルドフラワー、草花たち



砂漠の草花をみていると

こちらにきてから知った作家


シンシア カドハタ



草花とよばれた少女


という本を思い出します



2006年に日系アメリカ人としてははじめて

”きらきら”でニューベリー文学賞を受賞した

作家といえば分かる方もいるかも




”きらきら”も名作でしが



こちらの”草花と呼ばれた少女”は

もっと深く、読み応えがあります(ジュニア文学ですが)



時は1940年代

両親を事故で亡くし弟とともに叔父家族と一緒に住む

少しシャイな12歳の少女


叔父の花農園を手伝いながら

いつか自分で花屋を持つことが夢


日本人がただ一人の学校では誰も友達がいません


しかしある日スミ子にクラスメートからお誕生日の招待状が

届きます


それまで誰にもさそわれたことがなかったスミコ

初めての招待状に心が踊ります


花束をもってドキドキしながら家にいくと


なぜかスミコはケーキを持たされ門前払い

中に入れてもらえなかったのです


そう時は1941年12月日本が真珠湾を攻撃した日でした




この本は、12歳の少女の目を通してみる当時の日系人の生活が

描かれます


戦争、強制収容所、差別というような重いテーマながら

スミコ自身の成長の物語であり



少女の目を通した、純粋な視線でたんたんとして話は進みます


突然、土地を奪われ砂漠の収容所生活を余儀なくされた

日系の人たち


不本意ながらもその生活を受け入れ

道を探そうとする人々


収容所を作るために土地を追われたネイティブアメリカン

今まで交わることのなかった民族

砂漠をみどりに変えていく農民族に驚きと理解が生まれます


土地を追われた者同士のシンパシー


またスミコとネイティブアメリカンの少年との

初恋にも似た友情


読み進むうちにスミ子の育てる花アメリカの乾いた大地の

情景が浮かんできます



ちょっと感動の本です

最初から重い書き出しですが

全体としては、そう、ジブリの映画を見てる感じです


これを読み終えた時、ジブリに映画にしてください

とお手紙書こうと思いましたもの



日本語訳はもちろん

原書もジュニア向けなので中学3年程度の英語力で理解できます



高校生に読んでもらいたいなあ

最初原書であとで日本語で

(amazonで原書と日本語訳がセットで購入できるようですよ)




またこれで当時のアメリカの日系の方達の通られてきた道を

知るきっかけになってもらえたらなあ

と思います




c0327528_04482817.jpg





草花は可憐でたくましい






いつもご訪問ありがとうございます
よければ応援クリックお願いいたします

にほんブログ村
http://flower.blogmura.com/flowerarrangements/
にほんブログ村ブログランキング参加用リンク一覧
フラワーアレンジメント(個人)ブログランキング参加用リンク一覧
ロサンゼルス情報ブログランキング参加用リンク一覧

こちらもよろしく

人気ブログランキング





[PR]
by cloversdesign | 2017-03-28 06:12 | | Comments(2)

かリフォルニアの宝石、ミッションサンファンカピストラーノ




こんにちは、ずいぶんお久しぶりです



今週は日本から姪っ子が遊びにきていて

買い物したり観光したり

何気に忙しく過ごしています



先週からの肌寒い日から一転お天気にも恵まれた今週


今日は、サンファンカピストラーノに行って来ました

うちに来たゲストを必ず連れて行く場所


ブログでもなんども載せているこの寺院



遠くは230年前、スペインからの修道者たちが

現地での布教活動と植民地化のために

建設した寺院ミッションといいます


c0327528_10115526.jpg


カリフォルニア州にはこのようなミッションが21あり


その中でも最も美しいと言われているミッションなのです



ミッションの意は伝道所



建物自体が一つのコミュニティとなっており

教会はもちろん、学校や病院

オリーブオイルを作る施設、畑など

遺跡として残っています

そんなに広くはないものの見ごたえのある

それでフォトジェニック



写真好きにはたまりません




c0327528_10130779.jpg


中庭をぐるりと囲む回廊




c0327528_10130258.jpg


200年前にタイムスリップしたようです



c0327528_14181449.jpg


当時の生活を想像しながら歩きます





c0327528_14200648.jpg

カリフォルニア最古の礼拝堂



今でも、使われています



c0327528_14184862.jpg



教会跡地



1812年の大地震で大半がくすれ落ちてしまいました

信者48人が同時に亡くなったそうです



手前にあるのは崩れる前の模型



c0327528_14383332.jpg

手入れの行き届いた庭はいつも色とりどりの花たちが



c0327528_14264850.jpg



c0327528_14264382.jpg



ハミングバードも花蜜をついばみます




c0327528_14265912.jpg



歴史のある寺院というのは


カソリック、仏教その他関係なく

厳かな気持ちになります


ここは、200年経った古いアメリカの寺院だけれど


なぜか、日本の寺を思い出させます

教会の賛美歌はお経であり

キャンドルの炎は線香であり


c0327528_14383063.jpg



揺れる炎に心が落ち着きます









さて、ミッションを後にして


ちょこっとサンファンの町歩き


といっても200メートルくらいのストリートがあるだけなのですが


町自体がそのまま歴史地区になっており



c0327528_14512076.jpg



スタバもおしゃれ




c0327528_14512493.jpg



散髪屋


アンティークの椅子や家具をそろえて実際に

営業されてます





そしてこの街にくると必ず行くレストラン


c0327528_15034565.jpg


メキシカンレストラン




c0327528_15034991.jpg



当時からの建物を使っているレストラン



当時のよさを活かしつつ心地よくリノベされた店内


c0327528_15054250.jpg



奥には結婚式やイベントなどができる

パティオもあります



c0327528_15054916.jpg



次回に続く








いつもご訪問ありがとうございます
よければ応援クリックお願いいたします

にほんブログ村
http://flower.blogmura.com/flowerarrangements/
にほんブログ村ブログランキング参加用リンク一覧
フラワーアレンジメント(個人)ブログランキング参加用リンク一覧
ロサンゼルス情報ブログランキング参加用リンク一覧

こちらもよろしく

人気ブログランキング





[PR]
by cloversdesign | 2017-03-10 15:21 | | Comments(4)

東京紅葉





日本滞在最終日は東京でした



やっぱり、私は晴れ女


友達と待ち合わせした井の頭公園

青空と紅葉があまりに綺麗で

思わぬ紅葉狩りを満喫しました




c0327528_02083338.jpg





c0327528_02090913.jpg






c0327528_02090322.jpg







c0327528_02085540.jpg







c0327528_02090050.jpg








c0327528_02084666.jpg







c0327528_02084206.jpg







c0327528_02091443.jpg



この日の正午前後の2時間ほどの晴れ間でした




一番きれいな時間帯だったのではないかと思います





日本紅葉刈り

10年ぶりの紅葉


きれいな景色を見せてくれてありがとう



そして今回は友達にもたくさん会って実りの多い旅でした



会ってくれてありがとう



明日からは、仕事です


ホリデーシーズンに入るのでバレンタインまで

連日ハードワークです(涙)




頑張らなくては








いつもご訪問ありがとうございます
よければ応援クリックお願いいたします

にほんブログ村
http://flower.blogmura.com/flowerarrangements/
にほんブログ村ブログランキング参加用リンク一覧
フラワーアレンジメント(個人)ブログランキング参加用リンク一覧
ロサンゼルス情報ブログランキング参加用リンク一覧

こちらもよろしく

人気ブログランキング





[PR]
by cloversdesign | 2016-12-07 08:45 | | Comments(0)

伝統工芸とモダンアートの街




先週、カリフォルニアに帰ってきました



時々ネタがありすぎるというのは

かえって、ブログを書く手をとめることにもなります



まとめきれない写真と旅紀行



かといって、やりはじめたら終わらない




そんなんで



ぼちぼち



今日は、京都から金沢の街へ



金沢、北陸というと、高校の修学旅行で行った以来

あれは、岐阜から高山、黒部アルペンルートを得て

金沢だったような気がします

(まちがってたらごめん)



四国の田舎ものが初めて見る北陸の景色

雪をかぶった日本アルプス


それは、外国にきたようにものすごく印象深かったのを

覚えています

10月に見た積雪と紅葉

感動のあまり、思わず両親に電話してました




そんな思い出、金沢

歴史の街、工芸の街


そしてモダンアートのまち



ブログを始めて、始めてお気に入り登録をしたのが

金沢在住のPine ママ



ブログから伝わる、金沢古都

おしゃれでナチュラルな雰囲気

ずっと、行って見たいなあ、と思っていました



今回、金沢行きを決めて、Pineママさんに連絡をとったところ

快く金沢案内をかってでてもらいました



なかなか、ブロ友さんに会うというのは勇気のいることで

緊張するのですが


想像通りの素敵な方で

しかも、いろいろ共通点も多くたかがブログの上だけの

お付き合いとはいえ



なんだか縁のようなものを感じます

この間あったMikaroseさんも、偶然幼馴染の友達だったり



そんなに、ブロ友さんは多くない私ですが

今の居心地のよいブロ友さんたち

大切にしていきたいなあと思います

訪問、滞ってますが(汗)




金沢紀行です



雨の多い金沢、あいにく1日は雨

写真もあまり撮れていませんが



まずは東茶屋街


c0327528_09180055.jpg


北陸新幹線ができてから

かなり観光客が増えたよう


ここはアミューズメント施設?

というくらいの混みよう




c0327528_09182396.jpg


しかし解放されてるお茶屋に入ると

途端に江戸時代にタイムスリップ



今にも後ろからすっと芸妓さんが入ってきそう





c0327528_09192269.jpg


いちげんさんおことわり


お茶屋遊びというのは芸子さんが踊り、三味線等を演ずる

お客さんにはそれを解する器量も必要で

お茶屋に通うため、見る方も踊りや楽器を習い

演る方見る方が粋を高め合う

商家の旦那衆の上等な遊びだったようです




c0327528_09183217.jpg


ところどころに飾られるお茶花も粋



アメリカ人にはなかなか出せないシンプル




c0327528_09181999.jpg


御簾から見える中庭




芸妓さんは何を思って見つめていたのでしょうか





近年は観光客も増えて、町屋を改造した

レストランや、Cafeがあちこちに




c0327528_09210467.jpg


レトロな西日が素敵です





茶街を後にしてそろそろランチの時間


Pineママさんに有名な洋食屋さんに案内してもらいました



c0327528_09562588.jpg


日本のThe 洋食



B級グルメのグリルオーツカ


B級?いや、立派に美味しいよね


c0327528_09551545.jpg


名物ハントンライス



エビフライとカジキフライが乗ったオムライスに

ケチャップとタルタルソース!



私の子供の頃はこれはモダンでした

タルタルソース?ハヤシライス?ハンバーグ?


それは高度経済成長期の

外に憧れた、豊かさに憧れた

食事だったんですよ

(いやそんなに歳とってないけど)



ヴィンテージな食事に浸った後は


またまた歴史の武家屋敷へ




c0327528_10063776.jpg


雪つり



植栽木々を保護するための雪よけ

町中こんな感じ


(あえて兼六園はだしてないです)




c0327528_10075437.jpg



散りイチョウ



c0327528_10080927.jpg



なんでもない花々が粋だねえ



そんな歴史の街、、金沢ですが



もちろん美術館も多し


有名なのは21世紀美術館でしょうか


チケットを買うだけで30分も並ぶ混みよう

名の通り21世紀モダンアートを表現した美術館は


”2001年宇宙の旅”


みたいな



しかしですね、すんごい人

この人たち、このアートを理解してるんだろうか?

評判だけ先走ってないか?


京都の若冲展もそうでしたが

これがいい!といえば右へ倣えの老若男女

ちょっと疑問を感じたのでした



私的に、ちょっと穴場の美術館知ってるよ

これすごいよ、見る価値あり

こんな空間あったのかなって思うよ

(あまり知られていない場合)


人気なんだけど

いまいち理解できないとこもあったよ

(わんさか人が押し寄せてる場合)



天邪鬼ですかね




しかし全体的に街はおしゃれで



c0327528_09550470.jpg


こんなものが飾ってあったり



c0327528_09552220.jpg



市美術館のCafeがこんなだったり

(まれのモデルの有名なパティシエさんなんだとか)



いろんな目をもって散策すると

何倍にも楽しい街でした




Pineママさんありがとうございました



c0327528_10424881.jpg



最後にジャックラッセルのPineちゃん



ギター好きのパパがPineちゃん模様で作った

特製ギター”Pine2号”といっしょに






いつもご訪問ありがとうございます
よければ応援クリックお願いいたします

にほんブログ村
http://flower.blogmura.com/flowerarrangements/
にほんブログ村ブログランキング参加用リンク一覧
フラワーアレンジメント(個人)ブログランキング参加用リンク一覧
ロサンゼルス情報ブログランキング参加用リンク一覧

こちらもよろしく

人気ブログランキング





[PR]
by cloversdesign | 2016-12-06 10:49 | | Comments(2)

紅葉、嵐山




京都3日目


嵐山です



日頃の行いがいいのか?旅行中はお天気に恵まれ



c0327528_09555670.jpg



渡月橋からみえる嵐山




奥に続く保津峡


c0327528_10194757.jpg


トロッコで進みます




下を見下ろすと

保津峡下りの船



おもしろそう


次回はぜひ乗ってみたい



c0327528_10210007.jpg


トロッコの後は、嵐山、佐賀野周辺の寺巡り




天龍寺の紅葉



真っ赤!



c0327528_10244145.jpg

他にも山茶花が花盛り



c0327528_10251199.jpg



c0327528_10251528.jpg



ウェディングに使ったら綺麗だろうなと

考えてしまう私です




天龍寺、廊下から見える庭園



c0327528_10245849.jpg


散りもみじ




c0327528_10252375.jpg




それにしても



天龍寺の拝観料、寺と庭園で

一人800円


そして雲龍図を見るとなるとプラス500円



摂りすぎじゃないですか?!




お寺の管理はたいへんだけど


こんだけ人が来るんだから

十分潤ってんじゃ?と余計なことを

考えてしまいます




さて、今度は少し歩いて竹林の道へ



c0327528_10333097.jpg



鬱蒼とした竹林



バンブーフォレスト



ここも外国人に人気ですね




c0327528_10332415.jpg



竹林出口




ここから駅へと向かいます




そこで、今回一番綺麗だった紅葉



民家をちょっと入った路地




c0327528_10383539.jpg


小川の上にもみじの大木




c0327528_10384708.jpg





c0327528_10384270.jpg




名所というものは

こういうところにあるものだ









いつもご訪問ありがとうございます
よければ応援クリックお願いいたします

にほんブログ村
http://flower.blogmura.com/flowerarrangements/
にほんブログ村ブログランキング参加用リンク一覧
フラワーアレンジメント(個人)ブログランキング参加用リンク一覧
ロサンゼルス情報ブログランキング参加用リンク一覧

こちらもよろしく

人気ブログランキング





[PR]
by cloversdesign | 2016-12-04 10:47 | | Comments(4)

パワースポット、伏見稲荷



京都、2日目


外国人観光客人気ナンバーワンの

伏見稲荷へ



c0327528_21062712.jpg




お稲荷さんです



何万にもなる鳥居に囲まれた

参道



c0327528_21081326.jpg





c0327528_21085548.jpg




杉林の中をぐるり


パワースポットというより

森のマイナスイオンに癒されます




かわいい被写体発見




c0327528_21110972.jpg





c0327528_21114038.jpg



追っ掛けて逃げる

なかなかうまく撮れません



c0327528_21123984.jpg



森と野良猫に癒される




c0327528_21135513.jpg



ゆっくりとトレッキングしたい

スポットでした



c0327528_21151852.jpg





いつもご訪問ありがとうございます
よければ応援クリックお願いいたします

にほんブログ村
http://flower.blogmura.com/flowerarrangements/
にほんブログ村ブログランキング参加用リンク一覧
フラワーアレンジメント(個人)ブログランキング参加用リンク一覧
ロサンゼルス情報ブログランキング参加用リンク一覧

こちらもよろしく

人気ブログランキング





[PR]
by cloversdesign | 2016-12-01 21:04 | | Comments(0)

山に分け入る




アメリカに住んでいると

特に、一年中温暖な気候なところに住んでいると



日本のなんでもない、山がどんなにカラフルだったか

素晴らしい、植物の宝庫だったか思い知ります



お墓まいりがてら

散歩してみました



c0327528_11360135.jpg



ススキの野っ原でさえ愛しい




c0327528_11370960.jpg



苔で覆われる小道






c0327528_11381059.jpg



苔にシダにクリスマスツートンカラー





c0327528_11393114.jpg




足元も鮮やか





c0327528_11402317.jpg



山茶花?





c0327528_11410823.jpg



野イチゴ

子供の頃ヘビイチゴと読んでました




c0327528_11422637.jpg




たわわの野生柿





c0327528_11431553.jpg




奥に赤いものが

これはなんでしょう?




c0327528_11441885.jpg



サンキライ



私の大好きな実

探すのなかなか難しいんですよ


アメリカでは見かけません



残念、ハサミを忘れました

後日、ちょうだいしよう



ああ


故郷は遠きにありて思ふもの





以上、外国人目線でした(´∀`)








いつもご訪問ありがとうございます
よければ応援クリックお願いいたします

にほんブログ村
http://flower.blogmura.com/flowerarrangements/
にほんブログ村ブログランキング参加用リンク一覧
フラワーアレンジメント(個人)ブログランキング参加用リンク一覧
ロサンゼルス情報ブログランキング参加用リンク一覧

こちらもよろしく

人気ブログランキング





[PR]
by cloversdesign | 2016-11-19 11:31 | | Comments(8)

サンフランシスコダウンタウン散策



さて、サンフランシスコ旅行2日目


今日はダウンタウン



坂の街で知られるサンフランシスコ



移動は、ケーブルカーを使います


c0327528_03054401.jpeg



昔、中学の英語の授業で

サンフランシスコ観光のチャプターがありました


それはそれは印象に残っていて


坂の街の市内はケーブルカーで移動

動いているケーブルカーに乗ったり降りたりすると

料金は要らないんだとか


今は、安全からか、飛びのるのはダメだし、

しっかり料金を払わなくてはなりませんけどね



c0327528_03105740.jpeg


もはや、乗ってるひとはみな観光客


片道$7もしますから

観光だったら1日券を買ったほうがお得

たしか$20?



c0327528_03134676.jpeg




見てください、この勾配


お花の配達はどうするんだと

心配になってしまいました(^^;;



この小さい坂の街にぎっしり詰まった

人種のるつぼ


ヨーロピアンな街並みあリィの


ひとつブロックを入ると



c0327528_03183928.jpeg



そこは中国だったり


c0327528_03194176.jpeg



しかし、窓にブラやらパンティやら干してあるのは

いただけないな(^^;;


そこだけ、五十年前にタイムスリップしたような

不思議な感覚です




今度は街を下って、海沿いのフィッシャーマンズワーフに行きます


サンフランシスコの魚市場です

おしゃれな築地みたいな?


いろんなシーフードレストランや

対岸に行くフェリー乗り場があり


ここも主要観光地のひとつ


c0327528_03260849.jpeg




c0327528_03262466.jpeg




沖に見えるのは

かつて極悪犯人が係留された

アルカトラズ



c0327528_03274352.jpeg




一度、観光に行ってみたいけど、みなあまり興味がなさそう


廃墟マニアは行くべし!



お昼は軽いシーフード


c0327528_03304844.jpeg



シュリンプセビーチェ



c0327528_03314336.jpeg



オイスターグリル



そして、このフィッシャーマンズワーフにある

シュールなアンティークゲームセンター


100年前ほどのものが展示されており



c0327528_03431074.jpeg


実際コインを入れると動くんです


c0327528_03441561.jpeg


ダンスしますよ



c0327528_03445679.jpeg



これこれ


フランスの死刑執行



コインを入れるとドアが開いて


c0327528_03465362.jpeg



ギロチン刑が


( ̄▽ ̄)



いやあ、シュール



昔はテレビもパソコンもなく

こういう、ゲームがたつフェスティバルは

庶民がとても楽しみにしている娯楽だったのでしょうね


今でいう、ホラー映画を見る感覚なんだろうな

そんな昔に思いを馳せるのもまたアンティークのいいところでしょうね




帰りはウォーターフロントを歩いて散策



こんな、おじさんもいました


c0327528_03565029.jpeg



クラシック消防車

カメラを向けるとにこっとポーズしてくれました


撮らされ慣れてる



2日あれば、十分な観光ができるサンフランシスコ

ツアーに申し込まなくとも、自分で歩いて観光できます


いろんな映画のロケ地を巡ってもいいですね




日本からも近いしオススメです





あっ、ワインカウンティーに行くにはもう一泊すれば十分ですよ





いつもご訪問ありがとうございます
よければ応援クリックお願いいたします

にほんブログ村
http://flower.blogmura.com/flowerarrangements/
にほんブログ村ブログランキング参加用リンク一覧
フラワーアレンジメント(個人)ブログランキング参加用リンク一覧
ロサンゼルス情報ブログランキング参加用リンク一覧

こちらもよろしく

人気ブログランキング





[PR]
by cloversdesign | 2016-09-28 03:01 | | Comments(10)