クローバーのLife is cozy

cloverusa.exblog.jp

カテゴリ:つぶやき( 46 )

ひとりを愛し続ける本




最近のマイブーム


遠藤周作


遅ればせながら今年、遠藤周作の”沈黙”を読んで

深い衝撃を受けてから遠藤周作読み漁っています

今年の里帰りの際は
隠れキリシタンツアーを計画するくらい(笑)


読み漁ると行っても、やはりここはアメリカ
なかなか見つけられなくて

やっとBook offで古い本など見つけたりしているのですが

遠藤先生(と言わせてもらおう)
の作品には、共感するところが多く
エッセイなど、どんなものでもおもしろいのです


そこで見つけたもう30年前に発行されたエッセイ


c0327528_09411275.jpg


パッと見て

自分自身を愛する本?
思ってしまった現代に住む私


実は一人のひとを愛し続けるという本


婦人雑誌の連載エッセイとして書かれた本なのですが

男とは女とは

情熱とは?愛情とは?


シンプルな内容で、笑いも交えながら
夫婦のありかた(それは大げさだけど)みたいなものを
彼自身の見解で解説している


世の中が複雑になった世界で
今、若い人が読むと、もしかしてナンセンスで
おじいさんのたわごとと映るかもしれない


でも50代の私にはすっと入ってきて
そうなんだよね〜と頷きながら読んでしまいました

自分が人生の折り返し地点にさしかかったということも
あるかもしれない


一つの章で

愛することと愛し続けることの違い

という章があります


いきなり

”一人の男を愛し続けられっこない”


からはじまり

夫婦になってからのその後というものを分析していきます

不倫やけん怠期なども



そして


最後にしめくくっている箇所

ちょっとアンダーラインでも引こうかと思いましたが(汗)


以下本文より


まず結婚生活の中に、かつて恋愛をしていた時のような情熱を
ふたたび見つけようとするのは愚かです
心理構造がまったくちがっているのですから

もう一度くりかえします、結婚生活に情熱は存在しない、存在し得ない
では何があるか、情熱のかわりに連帯感と多くの男(女)の中から
この男(女)が自分の人生の伴侶者になった
というふしぎな縁の尊重を大切に大切にすることでしょうね

それを出発点として時には自分の心をごまかし、ダマし
とも角もこの共同生活をつづけていく
努力と忍耐を捨てぬことでしょうね

なんだ、なんという消極的な話だとおっしゃるかもしれません
いやいや、そうではない
そんな消極的な連帯感と縁の尊重や、時には自分をごまかすことも
積もり積もれば大きな雪だるまになるようです
少なくとも情熱よりはもっと永続的で
情熱が決して与えないものをくれるかもしれない






カトリック作家として生涯、信仰とは何か?人間とは何かを
テーマにしてきた遠藤先生の
やさしさがいっぱい詰まっているエッセイでした





c0327528_09411878.jpg

ママを愛し続けるビスケ






 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
by cloversdesign | 2017-07-19 12:00 | つぶやき | Comments(4)

Life is cozy




Life is Cozy


c0327528_06212461.jpg


少しブログのタイトルを変えました


Cozyというのは暖かいとか居心地が良いとかそういった意味です



自分家に人を招いた時
ゲストに何をいってもらいたいですか?

素敵ね〜

センスいいわね〜

綺麗にしてるわね〜

そんなお褒めの言葉を言われたらとてもうれしいですよね
(なかなかいわれないっすけどね)


でも一番うれしい言葉は

Cozyだね、ここにくると落ち着く〜


そういう生活を目指してネーミングしました

それと同時にブログ村のランキング登録も見直し


今までフラワーアレンジメントランキングにかなりのパーセンテージで
参加していたものの

ブログ解析を見ると、そこから入ってくる人って
ほとんどいない(涙)

なぜだ?
フラワーアレンジメントが商売なのに悲しい
イケてないってことか??


ということで今日からは”花のあるくらし”に
登録いたしました

LA情報は引き続き

LA情報から入ってこられる人は多いのです

いつも見てくださってありがとうございます



よかったら、コメントしてね


この夏にはもうちょっと整備して9月からおためしワークショップも
したいなと思っています


早々にコンタクト先もどうにかいたしますので
興味のある方は是非是非
チェックしていただければ幸いです


さらにこんなものが作りたいなというような
アドバイスもいただければうれしいです




誰一人来なかったりして(汗)






 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
by cloversdesign | 2017-07-13 06:47 | つぶやき | Comments(10)

左脳で考えるアメリカンドリーム





アメリカンドリームって?





憲法が定義しているアメリカン・ドリームというのは


”機会が均等に与えられているアメリカでは

勤勉と努力によって誰でも成功する可能性がある



ということなのだそうです







さて、話は変わりますが


右脳と左脳ってありますよね

あなたは何派?なんて特集もあって

こういう診断をした時にわたしは必ず左脳派になります


左脳は理屈で右脳は感覚で考える

(根拠ないみたいですが)




左脳で考えるって

デザイナーとしてどうよ??


ですよね〜


でも冷静に考えると



フラワーデザイナーとして勉強を初めて

理屈でかんがえることで、

AIFD

(American Institute of Flower Designers)

という

デザイナーの資格も

取ることができたと言い切ります



アメリカにおいて、他のアメリカ人たちと勉強して

資格をとったということは

ささやかですが、私のアメリカン・ドリームです




でっ?どういう風に考えたの?

ってことですよね



以前は素晴らしいデザイナーの作品を見て


すごいなー、素敵だなあ、ゴージャス!

あこがれる〜天才!



だけだったのが



”このカラーのコントラストが美しいわ、上から流れるようなライン

それでいて、まっすぐ上に伸びる力強い枝

この中心になる花もいいわあ

それにしてもこの絶妙なバランス、この空間が引き立つわね



まで言えます



右脳感覚でいうと

なんか知らないけどすごい!

センスある!




から



どうすごいのか理屈で説明できる


これが私にとって左脳で考えるということです


デザインは感覚のようでいて実はひとつひとつ決まりがあって

それを、順を追って理解して行くと

デザインが出来上がるという仕組みです


もちろん実際の練習、トレンドを見極めるためいろんなところに

出向くというのも欠かせませんが



でも、そう左脳で考えると

夢じゃない!って思いませんか?




当のアメリカ人がAIFDの試験に受かりにくいのは

左脳で考えるのが苦手だからなんだと思います





c0327528_06582534.jpg


でもそういう私も以前は感覚で考えていたんです

右脳人間だと思っていました


そこに間違いがあったか!



才能がないから、やっても無駄と

思ってたんですね




でもそうじゃないよと気付かさせてくれた

アメリカン・ドリームに感謝です




明日は留学について左脳で考えてみますね




いつもご訪問ありがとうございます
よければ応援クリックお願いいたします

にほんブログ村
http://flower.blogmura.com/flowerarrangements/
にほんブログ村ブログランキング参加用リンク一覧
フラワーアレンジメント(個人)ブログランキング参加用リンク一覧
ロサンゼルス情報ブログランキング参加用リンク一覧

こちらもよろしく

人気ブログランキング





[PR]
by cloversdesign | 2017-06-13 07:12 | つぶやき | Comments(2)

接待総まとめ





忙しい忙しい1週間が終わりました


次女の卒業に合わせて、夫の両親と

義妹家族が訪ねて来てくれました



ホテルは近くにとったのですが


ランチとディナーは作らなくてはならず

一日中キッチンに立ってたような、、



c0327528_13244660.jpg

スパム握りはハズレました


スパムと聞いただけで拒否反応の東住民




c0327528_13244274.jpg


おにぎり、まあ無難






結婚して23年目になりますが




国際結婚のはずですが




日本人同士で結婚している幾人かの友達より

相手方の両親といる時間は確実に多いです



結婚してから毎年必ずアメリカへいって

夫の実家に泊まります



英語もままならず

文化のちがいもあり

(夕食にコークでたり)


アメリカ里帰りが苦痛で苦痛で

時々、食事も作るのですが

みんな何を食べるのか何が好きなのか

わからなくて失敗したり


顔色を伺って一喜一憂



そんな胃がきりきり痛むような里帰りも


一年、また一年経つにつれて

楽しいものになってきました




今では、みんなが何を食べたいのか、一人一人の

好みを把握しています(笑)



どうやら私は料理上手と思われていて

ちょっとしたものでもすごく喜ばれます







そんな私がストレスをためながら頑張って来たことを

義理の家族はわかってくれていて


いつも気遣ってくれます

私との会話を楽しむため

いろんなカンバセーションピース(話のネタ)を用意してきます




今回はフラワーアレンジメントと絵画のコラボに行ったと

新聞の切り抜きをわざわざ持って来てくれて

話してくれました




結婚というものは当事者だけではなかなか成り立たないのでは?

と私は思います



昔のひとじゃないけど

結婚というのは

相手の家族との結婚でもあるんだなあ




夫の両親がいつも言います



あなたの幸せは私の息子の幸せ



一緒にいてくれてありがとう






そんなこと言われたらがんばらねばでしょう





いつもご訪問ありがとうございます
よければ応援クリックお願いいたします

にほんブログ村
http://flower.blogmura.com/flowerarrangements/
にほんブログ村ブログランキング参加用リンク一覧
フラワーアレンジメント(個人)ブログランキング参加用リンク一覧
ロサンゼルス情報ブログランキング参加用リンク一覧

こちらもよろしく

人気ブログランキング





[PR]
by cloversdesign | 2017-06-11 14:00 | つぶやき | Comments(4)

ロジャームーアとジェームズボンド




ロジャームーアが亡くなりました



3代目ジェームズボンドとして7つもの007シリーズに

登場しました



ジェームズボンドというと、ショーンコネリーのイメージが強いと思いますが


私にとってのジェームズボンドは


ロジャームーア



たしか、小学生?の時に初めて映画館で見た007映画が

ロジャームーアでした



ショーンコネリーが有名なボンド役って後から知ったし


ロジャームーアが007を引退した時も

空虚な気持ちになったのを覚えてます



年齢で89歳

それだけの年だったことに驚き

私の中ではいつまでもスマートで紳士的なボンドでした


c0327528_02215754.jpg


さて、夫がFBで発見した

ある人とロジャームーアとのエピソード


ちょっといい話なので紹介します




時は1983年、エアポートにはまだファーストクラスラウンジがない時代


男の子はおじいちゃんと一緒に

待合所で飛行機搭乗を待っていました


そこで男の子は新聞を読みながらシートに腰掛けている

ジェームズボンド(ロジャームーア)を見つけます

当時の人気スパイ映画の主人公


男の子も憧れていました


男の子は興奮して


”おじいちゃん、ジェームズボンドがいる!”


ジェームスボンドがなんだかわからないおじいちゃんは


”そうかねわしゃわからんがな”


”おじいちゃん、サインをもらうことはできるかな?”


そしておじいちゃんと孫である男の子はジェームスボンド(ロジャームーア)

に歩み寄りサインを求めます


ロジャーは、男の子の名前を聞くと

快くエアチケットの裏にサインをしてくれました


ロジャームーア



それを見た男の子


”おじいちゃん、違うこれ名前がちがってる”


あの人の名前はジェームズボンドなんだ



男の子には誰かが演じてるなんてわからなかったんです

ボンドはボンド



ひどく落ち込みました


そしておじいちゃんはもう一度ロジャーの所に行き


”うちの孫は名前がまちがっとると言うんじゃが”


それを聞いたロジャーは

一瞬、しまったというような顔をして


今度は男の子を手招きし、呼び寄せます


そして自分のひざあたりにやってきた男の子に右眉を釣り上げる仕草をした後

耳元で


”すまない、私は今身分を隠さなければならないんだ、だって周りにはBlofeld(悪者、Dr イーブルのオリジナル)

の一味がうようよしてるんだ


秘密を守ってくれるね”




おじいちゃんのところに戻った男の子


”どうだったね?ジェームズボンドさんだったかい?


”うん完璧にジェームズボンドだった!”




そして時が流れ男の子は30歳の大人になりました


そこで、またロジャームーアと再会します

ユニセフに勤めていた男の子

ユニセフ大使であっtsロジャーが撮影にやってきました



今度はロジャームーアという俳優だって知っています


もちろん有名人であることも



遠くから見ているだけでしたが

カメラマンの一人に当時のエピソードを話します


カメラマンは

興味深く思い、それをロジャーに伝えたところ


”そうだったんですか、私は覚えてなかったけど

その話をきけてうれしいなあ”


とロジャー、それだけでも彼(男の子)はうれしかったけれど



ロジャーが立ち去る時


ロジャーはわざわざ、彼のところまで行って


やはり右眉を釣り上げる仕草をした後

耳元で



”もちろん覚えていたよ、しかしカメラマンのうちの一人はBlofeldの一味なんだ、とぼけるしかなかったのさ”





なんてウィットにとんだ人だったんでしょう!


粋なエピソードです

ますますロジャームーアが好きになりました



私たちに夢と興奮を与えてくれたジェームズボンド



ご冥福をお祈りします







いつもご訪問ありがとうございます
よければ応援クリックお願いいたします

にほんブログ村
http://flower.blogmura.com/flowerarrangements/
にほんブログ村ブログランキング参加用リンク一覧
フラワーアレンジメント(個人)ブログランキング参加用リンク一覧
ロサンゼルス情報ブログランキング参加用リンク一覧

こちらもよろしく

人気ブログランキング





[PR]
by cloversdesign | 2017-05-25 07:04 | つぶやき | Comments(4)

まさかの、、、





お久しぶりです!


ほとんど1週間ぶり?の更新



にもかかわらず、毎日訪問してくださった方々

ありがとうございます




母の日ウィークで忙しい中

2週間前から花屋では、ベースの管理をしたり

資材の管理をしたり


1日、100件ほどのオーダーをデザイナー2人で

こなしながら


ベースの管理もしろと?

10時間休憩なしで働いて、ベースを準備してたら

セットしてたら


そこは置くところが違う!


怒鳴られて



タガがはずれてしまいました

溜めていたものが一気に噴き出して

言い争いの後に涙が出て

24時間ほど止まらなくなり


次の日はベッドから起きられず




もう、だめだお手上げ




今まで、何度もやめようかと迷ったものの

いやこれは修行だから、絶対、為になるんだから

と言い聞かせて頑張ってきましたが



あっやばいなと




根性なし?仕事が遅い?

そう思われるのも嫌で

頑張ってたら、心が風邪をひいてしまいました



最近、ご飯を作るのも、掃除をするのも億劫で

引きこもってネガティブなことしか考えられなくて



ああ、サインは出てたのかも





c0327528_07405331.jpg



もうそろそろ満開のジャカランタ



今年は、花つきもすこぶる良い




c0327528_07404812.jpg



ジャカランタは別れと出会いなんだよ







いつもご訪問ありがとうございます
よければ応援クリックお願いいたします

にほんブログ村
http://flower.blogmura.com/flowerarrangements/
にほんブログ村ブログランキング参加用リンク一覧
フラワーアレンジメント(個人)ブログランキング参加用リンク一覧
ロサンゼルス情報ブログランキング参加用リンク一覧

こちらもよろしく

人気ブログランキング





[PR]
by cloversdesign | 2017-05-14 08:13 | つぶやき | Comments(12)

LaLa Land




遅らせばながら、

LaLa Landを見ました


c0327528_10421630.jpg


アカデミー賞の数々の部門にノミネートされた名作ということで

話題の映画ですね



個人的には好きでした




最初のシーンからLAの高速道路渋滞


Welcome to Los Angels


LAあるある





映画で何度も出てくるダウンタウンの夜景


LA観光にはみな必ず訪れる

グリフィス天文台からの夜景です



LAに住んでいる人

かつて住んでいた人


胸きゅんの舞台設定



そういわゆるこれってLAラブストーリー


なるほど〜だからLALALandなんですね


ほんとにリアルに存在しているであろうラブストーリー

普通すぎてぎゃくにぐっとくるものがありました


まず、ヒロインのミアはネバダ州の田舎から女優を目指してLAに’やってきた


LAのダウンタウンで4人で住居をシェアしながら暮らしている


まったくありがち



友達とたまにナイトクラビングして挙句

車を駐車違反で引っ張られ

まったくありがち(汗)


一方セブは同じくジャズピアニストを目指してLAにやってきた


現実はナイトクラブで小銭を稼ぐのみ

夢である自分の店を持つには程遠い



若くて貧乏、でも夢だけはあるよ


そんな二人が出会って


お互いに寄り添い反発しながら成長して行くストーリー


結局は、二人は一緒にはならなかったのだけど

お互いが出会ったことによってお互いが自分を高めて言ったのは確か



ではなぜ、二人は結婚しなかったの?


それは二人には見えていた未来

一緒にいたいけど折り合えない

好きで好きでたまらないけど一緒にいたら喧嘩してしまう

お互いの未来を見据えた別れるという選択


う〜んわかる、わかると納得していたら

長女は府に落ちない風


なんで、好きなのに別れるん?

そんなやってみなきゃわからんじゃん


うんそれはそうだな

でも見えるんだよ


未来がな



人が出会うときはな縁っていうのものがあって


好きとは別の”タイミング”っていうものも大事

結婚と恋愛はちがう

そんな計算高いものじゃなくて


ただ縁がなかったのね

それだけですね




まあさ、こればっかりはいっぱい人生経験、失恋しないとわからないかもね


ということで



好きな失恋ソング





マッキーはファンじゃないけど、詩作りの才能にほんとに

脱帽する一曲です







いつもご訪問ありがとうございます
よければ応援クリックお願いいたします

にほんブログ村
http://flower.blogmura.com/flowerarrangements/
にほんブログ村ブログランキング参加用リンク一覧
フラワーアレンジメント(個人)ブログランキング参加用リンク一覧
ロサンゼルス情報ブログランキング参加用リンク一覧

こちらもよろしく

人気ブログランキング





[PR]
by cloversdesign | 2017-05-05 10:52 | つぶやき | Comments(2)

漫画が現実になった夜



そんなばかなことが現実になることないよ




みんな(少なくとも近しい人は)そう思っていた












昨夜は近くのユニバーシティで大学生による

抗議デモ


夜明けまでパトカーのサイレンが鳴り響く



アメリカはどこに行くのだろう



いや,これは始まり?



4年後,いや2年後わたしたちは正しい選択ができるはず


そう信じよう


そうしなければ



God bless the United States of America







いつもご訪問ありがとうございます
よければ応援クリックお願いいたします

にほんブログ村
http://flower.blogmura.com/flowerarrangements/
にほんブログ村ブログランキング参加用リンク一覧
フラワーアレンジメント(個人)ブログランキング参加用リンク一覧
ロサンゼルス情報ブログランキング参加用リンク一覧

こちらもよろしく

人気ブログランキング





[PR]
by cloversdesign | 2016-11-10 07:05 | つぶやき | Comments(10)

ジョンとヨーコ





先週はビッグなイベント続き


久しぶりの休みでぐったり




イベントで余ったポンポンマムがわんさか


こんなアレンジ作りました



c0327528_05031535.jpg



題してジョンとヨーコ




実際に緑のマムはオノヨーコ

白いのはジョンレノンともいうんですよ





さあ、明日はいよいよアメリカ大統領選挙




いつまでたっても平和にならない世界を

ジョンは憂えているのでしょうね



あえて、忌野清志郎でイマジン










Love and Peace








いつもご訪問ありがとうございます
よければ応援クリックお願いいたします

にほんブログ村
http://flower.blogmura.com/flowerarrangements/
にほんブログ村ブログランキング参加用リンク一覧
フラワーアレンジメント(個人)ブログランキング参加用リンク一覧
ロサンゼルス情報ブログランキング参加用リンク一覧

こちらもよろしく

人気ブログランキング





[PR]
by cloversdesign | 2016-11-08 05:17 | つぶやき | Comments(0)

おじいさんの時計




夫が日本出張から帰ってきた



手荷物で持って帰ったおみやげ



c0327528_08282574.jpg


うちの実家にあったねじまき時計




私が生まれた時には実家の居間にあって


ずっとこの音を聞いて育った



結婚してからも実家から無理やり新居に持って行った


40年間ずっと一緒だった



チクタクチクタク



おじいさんの生まれた朝に買った時計ではないけれど



実際に私の祖父が買ってきた時計で

何年に購入したかきちんと記されていた

(いまははがれてないけれど。。)



私が2歳のときに亡くなった祖父は

几帳面な人だったらしい


とても私を可愛がってくれて

わたしもじいちゃんが大好きだったと



アメリカにはなぜか持ってこなくて実家の倉庫で眠っていた時計




久しぶりに聞いた



チクタクチクタク


Calm down, Calm down


落ち着いて落ち着いて

じいちゃんになだめられてるような気がした






c0327528_08283287.jpg


なんでもしってる ふるどけい


おじいさんのとけい


きれいなはなよめ やってきた


そのひも うごいていた


うれしいことも かなしいことも


みな しってる とけいさ


いまは もう うごかない(動いてる)


その とけい




夫よ ありがとう!





いつもご訪問ありがとうございます
よければ応援クリックお願いいたします

にほんブログ村
http://flower.blogmura.com/flowerarrangements/
にほんブログ村ブログランキング参加用リンク一覧
フラワーアレンジメント(個人)ブログランキング参加用リンク一覧
ロサンゼルス情報ブログランキング参加用リンク一覧

こちらもよろしく

人気ブログランキング





[PR]
by cloversdesign | 2016-10-27 08:48 | つぶやき | Comments(10)