クローバーのLife is cozy

cloverusa.exblog.jp

アメリカでフローリスト 〜  ⑥ カレッジでフラワーデザインとマネジメントを学ぶ〜




アメリカでフローリスト



さて、フラワー業界に行くにもいろんな道があります

現場から叩き上げられるのもよし


しかし、少々お金はかかりますが
カレッジに行ってフラワーデザインとショップマネジメントを
学ぶという方法があります

やはりカレッジですからこれが一つの教科となっています
分厚いテキストブックはあるし
理論と、実習と両方教えてもらえます


フラワーアレンジは知ってるが、アメリカのフラワー事情となると?
そんな人にはカレッジに行くことで大体の流れを把握することができます


LAエリアだと、私が行ったカレッジ

Huntington Beachの


になります



のサーティフィケートを取るには

フラワーデザインの8つのクラス(どうやら今学期から6つになったようです)と
1つの選択科目を(ビシネスクラス)履修します


8つのクラスは

Basic(基礎)

Wedding(ウェディング)

Floral business practicum(ビシネスとしてのフラワー)

Advance designs global floristry(葬儀の花)

Event and Display(イベントディスプレー)

Permanent Botanicals(ドライ&アーティフィシャル)

creativity and competition(コンペティション)

現在は1セメスターで(1学期、約4ヶ月)全部履修することも
可能ですが

若い子でやっちゃう子はいますが

お勧めできません(汗)


まず、一つのクラスは一回で4時間はありますから

6つ全部履修するとなると
毎日、しかも2日ほどは1日に2クラス


もちろん宿題もでますし


家庭をもっていたら1セメスターで2科目が限度かと、、


さて、このカレッジ誰でも行けるのか?

はい、高校卒業の資格があれば誰でも入学できます


英語力??


買い物ができる程度で大丈夫かと、、


もし、短大卒資格が取りたければ
English,やMathのテスト
それなりの英語力も必要ですが


アメリカに何らかのVisaがある人でサーティフケートだけ取りたいのであれば

大丈夫

たとえば短期で来られている方でも大丈夫なんですよ

さて気になるお値段ですが


もし何らかのVisaを持っていて(学生Visa は別)
カリフォルニアに1年以上すんでいれば
地元料金となり

学費が1ユニット$46

一つのクラスがだいたい2〜3ユニット

Basicクラスを取ると
これは3ユニットですから学費が

$46x3=$138
花材 $150
学生保険 $20
サービス費 $17
パーキング費 $30

合計$355

1クラスは1週間に一度1セメスターでだいたい13週ほど

一回$30弱?

Cloverさんのワークショップより安いし(汗)

しかし’

インターナショナルスチューデント(留学生)
カリフォルニアに住みはじめて1年未満の方は

学費が1ユニット$234となります

c0327528_13085692.jpg

カレッジでのAIFDデザイナーさんによるデモンストレーション


興味のある人はリンクに飛んでくださいね

私のいうことを鵜呑みにしてはいけない(汗)



さて次回は、カレッジでどんなことを教わるの?です





 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
# by cloversdesign | 2017-09-19 06:29 | アメリカでフローリスト | Comments(2)

アメリカでフローリスト 〜  ⑤ フリーランスデザイナー 〜





アメリカでフローリスト


今回はフリーランスデザイナーです


私の今の位置としてはフリーランスデザイナーになると思うのですが


呼び出しがあった時に店に赴く


私の場合、花屋ではなく

スタジオを持たず自宅で口コミでウェディング、イベントを
受け注している友達のところに不定期で行っています


こちらでスタジオを借りる


小さいところでも、多分一月$3000はくだらないだろうと思います


週一くらいのウェディングだけでは、花代、人件費などを考えると
とても運営していけません


なので最近は、自宅のガレージを仕事場にして
作業する人たちが増えています


みんなある程度、経験があって
昔、組織に入っていたが、一つの歯車となることが
いやだったり、自分の納得でやって見たい人たち


小さいながらも、オーナーとなるわけなので
責任はかかってくるし、ぶっちゃけ花屋で働いている方が
お金はたやすく手に入るかもしれない

でもちょっとでもこだわりをもちたい
自分の経営スタイルでやって見たい人は
独立の道を選びます


とはいえ、定期的にオーダーが入ってくるわけではなく
一月に1つの時もあれば、繁盛記は5〜6つとか


人材の確保も大変ですね

でもそう言った人たちは
デザインに対する考え方、顧客への対応
など、似た者同士というんでしょうか?
話がすごく合う




こういうものたち同士、人が足りない時に
助け合うような協会ができたらいいなと思っています



3日間、ブログをお休みしてましたが
そのこだわりウェディングのお手伝いをしていたわけで


c0327528_04335173.jpg

何ヶ月も前から作り続けていたペーパーフラワーウォール



まあ特に友達は人と同じはいやだ、タイプで

頼まれたウェディング、イベントは
何ヶ月も前から作戦を練り
丁寧に仕上げます


オーナー一人が考えるのでなく
デザイナーがアイディアを出し合いディスカッションする
私よりずっと経験もあるし
偉大なデザイナーですが、私にも意見を求め
アイディアを交換し合います

そういう手間が楽しかったりします
お金になんないけどね(汗)

終わった後の達成感もまたくせになる


c0327528_04483821.jpg





次回は、私が本格的にフラワーアレンジメントを習った
カレッジのクラスなどを紹介します





 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
# by cloversdesign | 2017-09-18 04:53 | アメリカでフローリスト | Comments(0)