クローバーのLife is cozy

cloverusa.exblog.jp

タグ:フラワーデザイン ( 180 ) タグの人気記事

アメリカでフローリスト 〜 ⑧ フローリストの資格 〜




アメリカでフローリスト



さて、ここアメリカでは何も資格がなくても
花屋でデザイナーとして働けるのは書きましたが


現場主義とはいえやはり資格を持っていると
自分のアドバンテージになることは確かです


資格を持っていることで
最初の面接で、資格を盾に賃金交渉ができやすい

資格を取るにはやはりある程度の練習量、スキルがないと
取れませんから
経験ありとみなされます

じゃあ、どんな資格があるか?
(カリフォルニア州の場合です)
ひとつは

(カリフォルニア州花協会)
提供する





が提供する



CCFはカリフォルニア州主催


AIFDは全米規模になります


難易度はやはりAIFDの方が高い
ついでに受験料も高い(汗)

それもあって、はなからAIFDをもたない一線で活躍する
デザイナーさんもたくさんいます


順番としてはカレッジを卒業したらカリフォルニア州の
CCFを受験するのが流れでしょうか

もちろんCCFの受験資格は学校を出ようが出てまいが
関係ありません
誰でも受験することができます
州以外、アメリカ以外の人も


次回はこのCCFの受験について書きます


c0327528_04490112.jpg


関係ない過去画像だけど写真を載せないとお得感がしない
貧乏性だよ(汗)





 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
by cloversdesign | 2017-09-21 04:59 | アメリカでフローリスト | Comments(0)

アメリカでフローリスト 〜  ⑦ カレッジでどんなことを学ぶ?〜



アメリカでフローリスト


今日はカレッジでどんなことを習うの?


まずは、8つある科目の中から最初に履修しなくてはならないのが

Basicクラスです


ナイフの使い方から教わります

それからリボンで作るボウ
実はこれが一番難しかったです(汗)


フィールドトリップでLAマーケットに行ったり
初めてフラワーショーに行ったのもクラスを取ってから
いろんな機会が用意されていてとても楽しかった


毎回、花の名前を書くクイズがあって
うわ、こんなに花の名前覚えられないと思ったのは
今ではいい思い出
(今じゃ全部答えられて書ける)


セメスターの中間、そして最後には実技やペーパーのテストがあり
だらだらと行っていたんでは
やはり辛くなるカリキュラムになってました



のちはウェディング、イベントなどどんどんアドバンスになって行きますが


どのクラスにも自分でプレゼンテーションしなければいけない機会があり

クラスメートの前で発表するのですが
これ、ノンネイティブには大変ですが
ある意味度胸つくよ


不思議に思うのが

普段ちんたらやってる子達が
プレゼンの時は俄然張り切る!


なんともクリエイティブですんごいアレンジメントを出してきたりする


これは、、、国民性というんでしょうか

俺 is No1

前向き、自己アピール、揺るぎない自信


日本との国民性の違いを再認識するのでした



総じて、思ったのは技術的にはなんら難しいものではないし
特別不器用という人でない限りは簡単な内容
レポート提出などあるにはあるが

翻訳ツール等を駆使すれば文法はどうであれとりあえすパス
そんなにストレスのない内容です
ネイティブスピーカであれば楽々なレベル

ウェディングのプロジェクトでは
一つのウェディングを任されたとして
コンサルテーションから
契約書作成、デザイン、花の注文、見積もりの出し方など

これまで、日本でもなんら関わったことのない(生け花だけ)フラワーアレンジメント

アメリカンウェディングにはブライズメイドなるものが存在するのも
初めて知りました
それだけの素人だったよ(汗)




c0327528_06150474.jpg





また葬儀のフラワーでは多文化の混在するLA


世界各国の葬儀のしきたりなど

一つの国をくじ引きで与えられて
その国の葬儀のしきたりをとことん調べて
アレンジメントとともに発表
フラワーアレンジメントの世界だけでなく
アメリカの文化そのものを知る機会となりました



たいへんだけど、やりがいのある自分自身にも益のある内容でした

ただ残念なことに
やはり途中でやめてしまう子も多い

クラスは真面目に出席して宿題さえ提出すれば
全然、パスする内容なのですが

ネイティブスピーカーの子がやめてしまうのには
びっくりしました 

英語の苦手な外国人よりおばさんより
ずっとアドバンテージあるでしょうに、、、


一番、苦労したのはコンペティションクラス
その時のドタバタぶりなど過去記事にあります
今、読み返してみても、自分で言うのもなんですが、面白い


よかったらのぞいてくださいませ







ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
by cloversdesign | 2017-09-20 06:13 | アメリカでフローリスト | Comments(4)

アメリカでフローリスト 〜  ⑤ フリーランスデザイナー 〜





アメリカでフローリスト


今回はフリーランスデザイナーです


私の今の位置としてはフリーランスデザイナーになると思うのですが


呼び出しがあった時に店に赴く


私の場合、花屋ではなく

スタジオを持たず自宅で口コミでウェディング、イベントを
受け注している友達のところに不定期で行っています


こちらでスタジオを借りる


小さいところでも、多分一月$3000はくだらないだろうと思います


週一くらいのウェディングだけでは、花代、人件費などを考えると
とても運営していけません


なので最近は、自宅のガレージを仕事場にして
作業する人たちが増えています


みんなある程度、経験があって
昔、組織に入っていたが、一つの歯車となることが
いやだったり、自分の納得でやって見たい人たち


小さいながらも、オーナーとなるわけなので
責任はかかってくるし、ぶっちゃけ花屋で働いている方が
お金はたやすく手に入るかもしれない

でもちょっとでもこだわりをもちたい
自分の経営スタイルでやって見たい人は
独立の道を選びます


とはいえ、定期的にオーダーが入ってくるわけではなく
一月に1つの時もあれば、繁盛記は5〜6つとか


人材の確保も大変ですね

でもそう言った人たちは
デザインに対する考え方、顧客への対応
など、似た者同士というんでしょうか?
話がすごく合う




こういうものたち同士、人が足りない時に
助け合うような協会ができたらいいなと思っています



3日間、ブログをお休みしてましたが
そのこだわりウェディングのお手伝いをしていたわけで


c0327528_04335173.jpg

何ヶ月も前から作り続けていたペーパーフラワーウォール



まあ特に友達は人と同じはいやだ、タイプで

頼まれたウェディング、イベントは
何ヶ月も前から作戦を練り
丁寧に仕上げます


オーナー一人が考えるのでなく
デザイナーがアイディアを出し合いディスカッションする
私よりずっと経験もあるし
偉大なデザイナーですが、私にも意見を求め
アイディアを交換し合います

そういう手間が楽しかったりします
お金になんないけどね(汗)

終わった後の達成感もまたくせになる


c0327528_04483821.jpg





次回は、私が本格的にフラワーアレンジメントを習った
カレッジのクラスなどを紹介します





 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
by cloversdesign | 2017-09-18 04:53 | アメリカでフローリスト | Comments(0)

アメリカでフローリスト 〜  ④ ウェディング、イベントフラワー 〜






アメリカでフローリスト



フローリストといっても仕事は様々で
オーソドックスに町の花屋さんもあれば


ウェディング、イベントパーティなどが専門のお店もあります



私が以前勤めていたところは
そういうところで


シーズンになると週に5〜6個のウエディングがありました




c0327528_09213700.jpg



ウェディングフラワーの仕事は
アメリカでは今、若い子に人気なんだとか?


繁盛期にはいっぱいビギナーの若い子が手伝いに来てました


ウェディングフラワーは実に華やかで
普段は使わないような高価な花も使います



アメリカンウェディディングの今の流行りだとは思いますが、
ナチュラルで


無造作に花を束ねたような

ヘタウマ?的なDIYウェディングのようなものが
主流になってきています


ちょっとセンスがあれば、最近のトレンドを知っていれば
技術いらずでささっとできてしまうんですね


それにウェディングのセットアップは力仕事ですし
作品をさっと写真にとってインスタにアップして
そして仕事を得る


若い子にしかできないじゃん?


これをいうとおばさんのたわごとかもしれませんが


ビギナーといえばまず、掃除からでしょ?
花を触れるのは、一年後なんじゃ?

同じ世代だったらわかりますよね〜




しかしね、実際働いてると

英語がうまく話せない
おばさんっていうだけで

見下されることは多々あります


若い子、掃除なんてしないですから、、それはマイノリティかおばさんの仕事と
思ってる子がいますから



これも、アメリカの褒めて育てるの逆効果現象かしら?



日本もですか?



c0327528_09214272.jpg

流行りに逆らえないですけどね


ワイヤリングやスパイラルに束ねるというのを知らない子達が
一線で活躍してるのにはぞっとしてしまうおばさんです


ただ、ウェディングなどは休日前にあるので、
木、金、土と時間を拘束されるし
夜遅くまでセッティングということもあるので



なかなか小さい子供がいるお母さんには難しいですし
やはり独身でばりばりやっちゃう子が向いてますでしょうかね







次回はフリーランスデザイナーなど








受付中




おもちゃかぼちゃのアレンジがとても好評です

10月第1週も可能なのでお問い合わせくださいね




日本の方にはこちら、
4年前にアトリエにアップしてますよ










ご訪問ありがとうございます

よろしければポチッとお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
by cloversdesign | 2017-09-14 12:04 | アメリカでフローリスト | Comments(0)

アメリカでフローリスト 〜  ③ 花屋で働く 〜


フローリストシリーズ



c0327528_08031816.jpg



さて花屋に働き口が見つかったとしましょう


といっても今やデザイナーを正社員で雇ってくれるところは
そうそうありません


もし、福利厚生をちゃんとつけてくれて
定期的な収入が欲しいと思ったら


スーパーの花屋さんに行くのがいいですね
ハイソなスーパーになるとそれなりに
大きなもの自分のデザインを作らせてくれるのでいいかもしれません


でも、組織のなかに入るので、休みはマーネージャーに決められたり
なかなか自由はありません


スーパーやちょっと大きめの花屋さん

デザイナーもいっぱいいて
ちょっとしたいざこざが起こることも


特にアメリカは自己主張の強い国ですから
働き方をアメリカ流にすることです

アメリカ流とは?

できないこともできるという

昇給は自己申請


自己PRは必須

有力者にはゴマスろう

他の国もですか??



ここでは(少なくともカリフォルニアでは)


こういうコミュニケーション能力がないと
なかなかつらいもんがあります


私はいいから、まだ勉強中だから
なんて控えめなこと言ってたら

どんどん後に置かれてしまいます

たとえ仕事をいくらしようが、
都合のいいヤツと思われ逆にもっと使われます(汗)


昇給も待っててもあげてくれないので
オーナーにこれじゃ生活できない
昇給してくれ、じゃないと辞めます

と交渉して

オーナーは離したくなかったら

じゃあ昇給するから続けてね


ということになります



これがね、慣れてしまえばそんなもんかと割り切れますが

なかなかね慣れるまでしんどいんですよ


ちょっとでも、会社のためにとか
私がサボったら困るだろうななんて情をもったらだめです



自分の店じゃないんだからクレームが出ない程度にやっておけばいいのよ


という先輩談(笑)




そういう店を渡り歩いて、経験を積んで
最近はベテランの
オンコールの(不定期呼び出し)
フリーランスデザイナーさんが多いような気がします




でもどこのオーナーでもいうことは


人の確保(いいデザイナー)が一番難しいといいます


ほんとよくわかります





次回はウェディングやイベント専門花屋さんなど、、







受付中




おもちゃかぼちゃのアレンジがとても好評です

10月第1週も可能なのでお問い合わせくださいね




日本の方にはこちら、
4年前にアトリエにアップしてますよ










ご訪問ありがとうございます

よろしければポチッとお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
by cloversdesign | 2017-09-13 08:08 | アメリカでフローリスト | Comments(2)

次女からのパッケージ




今日は連載をお休みして
(シリーズ化している!)


この9月からカレッジに行った次女のことなど



長女と違って社交的な次女は

アメリカに渡ってきてからも
すぐに現地の友達を作り

それはそれはすーっとアメリカに馴染んできました
(と思う)


その点ではあんしんでしたが

馴染みすぎて、日本はどこに行ったんだい?!



気がついたら、日本語を話すのは私とのみ
という状況になってました


カレッジに行ったら寮生活

ああ、もう日本語を話すこともなくなるのかな


と寂寥の思いで送り出したもんです



それが、おくさん!


テキストがはいりましてね


今、ジャパンクラブの人たちとジャパンタウンに来てまーす!


だとお?


なんでもサークル勧誘で、入るもんなかったから入った
ということですが

これが彼女にとって自信をつけることになろうとは


今まで、特にハイスクールでは

比較的日本人の多いハイスクールだったのですが


この間まで日本に住んでましたという
バリバリの日本高校生で

彼らの話す言葉にも(標準語ね)
話題にもついていけなくて

すっかり日本人を避けるようになっていたのに


そのクラブで日本語をちょろっと喋ったならば


ええ〜っちょークール!
もっとしゃべってしゃべって!

となったそうで



すっかりいい気分に


そして日本の文化を愛する仲間たちと
(ジャパニースアメリカンといったような自分と同じ立場の子が多いと見える)


サンフランシスコのジャパンタウン(日本村)に繰り出し



私にお土産まで買ってくれましたのよ〜


c0327528_12301126.jpg

折り鶴の箸置きと



c0327528_12304461.jpg
小さい生け花ベース
刀のつか?

母のことはちゃんと見てるか




そしてさらに友達にジャパンタウンでバイトを紹介してもらい

インタビューにいったその日に
日本語が喋れるので重宝されて
今日から働いてと言われたんだとか



日本人の多いLAではあり得なかった

日本語喋れてかっこいい〜

Cool Japan!


母と父はホッと胸をなで下ろしております




c0327528_12300309.jpg

早速いけて見たよ









 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
by cloversdesign | 2017-09-12 12:41 | つぶやき | Comments(4)

ハロウィーンアレンジメントワークショップのお知らせ






ふう〜、やっと気温が通常に戻って来ました

やれやれです


9月4日アメリカのレイバーデイ(勤労感謝の日みたいな)
が終わると、一気に秋です

これからハロウィーン一色になっていきますよ



さてそんなハロウィーンワークショップのお知らせです



3〜4年前にRogers Gardenのデコレーションにインスパイアされて
作ったおもちゃかぼちゃの多肉アレンジ


c0327528_05103353.jpg

グルーでつけていくので、簡単
それに2〜3ヶ月はもってくれます
小さいアレンジなのでワークショップのお値段も
リーズナブルですよ



そしてフレッシュのアレンジメント
2日前に紹介した黒枝を使ったアレンジメント


c0327528_06214773.jpg
こちらもエアプランツや、多肉を使ったり
長持ちする素材を使います

ベースや花材は若干変わります
もっとハロウィンっぽくしたいなと思っています



なかなか、人数があつまらないCloverのワークショップですが(汗)
懲りずに、いろんなアレンジ出していきますので
心に惹かれるものがありましたらお問い合わせください




お申し込みの後、2日以内に確認メールが届かない場合は
お知らせください




応援メッセージだけでも(汗)





 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
by cloversdesign | 2017-09-06 05:03 | フラワーアレンジメント | Comments(4)

ハロウィーンアレンジメント


昨日は、アクセス数が多くてびっくりでした
やはり、みなさん永住権、市民権には関心が深いようですね
それなのに大したお役立ち記事を書けなくて
訪問していただいた皆様ほんとごめんなさい(汗)
もしよければ体験談も聞かせてもらうと嬉しいです





毎日暑いです


ただいまの気温は33度
(昨日よりマシだな)
じっと座ってても汗がにじみ出るレベルですかね


ここでは8月後半9月前半が一番暑いような気がします


さてそんな暑い中


世間はハロウィーン準備中

クラフトショップに至ってはもはや
Goodsが50%オフ


それもそのはずデコレーションは4Th of Julyの後から
始まっていますからね


乗り遅れてはなんないと

ハロウィーンアレンジメント

c0327528_06214773.jpg

ブラックのブランチを使って
おどろおどろしく

エアプランツもいい味出してますね


c0327528_06224097.jpg
ちょっとこれは派手に墓場もつけてみました




c0327528_06223499.jpg

ライトをハンギングしてもいいですね〜


10月はこの黒枝を使ったアレンジを検討中
また近いうちにアナウンスしますね






 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
by cloversdesign | 2017-09-03 09:02 | フラワーアレンジメント | Comments(2)

エアプランツ簡単おしゃれな飾り方





今日はLAマーケットに行って来ました


c0327528_08453840.jpg
いつでもワクワクさせるLAマーケット



家から渋滞含め1時間以上ダウンタウンの汚いところだけど

旬の花、めずらしい花を探すのはやはり市場しかない


新たに週一は通おうと心にきめたよ



さて今日買ったのは


これ


c0327528_08453235.jpg


流木やら、あみあみの木はなんていうんだったろう?


さすがLAマーケットは市場価格で買えるだけあって

たぶん全部で$10もしなかったと思う
友達がここでいっぱい買ったので流木はおまけしてもらいました




エアプランツというのは世話いらずで
土いらずで

だから


置いただけ


c0327528_08452727.jpg


コーヒーテーブルに




c0327528_08454359.jpg
かけただけ

壁掛けに


技術いらずで抜群の長持ちですよ


ここで買えます

WASABI-GREEN
(LAフラワーマーケット内)
742 Maple #5
Los Angels, CA90014
Tel: 213-629-0068



昔は、今も?ホームレスのたくさんいる地区で
確かに初めて行くときは勇気のいる地区ですが
ホームレスの人たちは害はないし、
パーキングもマーケット内に止めれば安心

何よりLAダウンタウンは最近、おしゃれなお店もできているので
1日ぶらぶらしたら面白いかも

LAフラワーマーケットに隣接して
ファッションディストリクト、ファブリック、クラフトなど
掘り出し物を探すのも楽しいですよ




で、追記

まだまだワークショップ受け付けてます(汗)










 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
by cloversdesign | 2017-08-31 09:10 | フラワーデザイン | Comments(4)

それぞれの性格






さて、10年前に渡って来たアメリカ


長女は11歳
次女は9歳でした


長女は個を極め
次女はというとマスに入って行くことで
自分を確立していきました


もともとの性格もあるのでしょうが
マイペースな長女と

みなの流れにすっと入っていける次女



みんなとうまく付き合って
たまに出たがりなところもあるので
ちょうどよい人気者に


インスタグラム、私と長女はいつもいいねは50以下

次女は300以上



外に出るのが大好きで
友達がいっぱいいてスケジュールはいつもいっぱい

優しいボーイフレンドもいる

いわゆるキラキラ女子です

なにも悩みなんてないように見えます



ところが、
2年前くらいから


家では塞ぎ込むことが多くなって
情緒が不安定な時があります

もともと頼まれたら嫌といえないような日本人気質も
もっているので

車を運転する彼女はみんなのタクシーになったり
(車に乗らない子って保険やガソリンがいくらかかるか
わからないから、当然支払われない)


学校の生徒会活動も
段取りから制作から押し付けられる
(みんな塾でいそがしいらしい)



大学に行くにも何がしたいのかわからない

私にはなんの才能もない

わたしなんてだめだ



そりゃ、スポーツが秀でてるとか
とても頭がいいとか
ダンスや絵が上手いとか

そんなものはないかもしれないけど

何気に気が利いたり
人には優しかったり
バイトもしているのでいろんなことに手早い
新人の指導もできる



いっぱいいいとこあるのに


次女


この秋からは新しい土地で新しい友達と
楽しくやって行くことを願わずにはいられません


c0327528_06584345.jpg




子育てこれでよかったのだろうか?
大事なところ見落としていたんじゃないだろうか?



子も親も悩みながら

成長していきます







 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
by cloversdesign | 2017-08-11 07:12 | つぶやき | Comments(8)