クローバーのLife is cozy

cloverusa.exblog.jp

タグ:AIFD ( 33 ) タグの人気記事

アメリカでフローリスト 〜  ⑦ カレッジでどんなことを学ぶ?〜



アメリカでフローリスト


今日はカレッジでどんなことを習うの?


まずは、8つある科目の中から最初に履修しなくてはならないのが

Basicクラスです


ナイフの使い方から教わります

それからリボンで作るボウ
実はこれが一番難しかったです(汗)


フィールドトリップでLAマーケットに行ったり
初めてフラワーショーに行ったのもクラスを取ってから
いろんな機会が用意されていてとても楽しかった


毎回、花の名前を書くクイズがあって
うわ、こんなに花の名前覚えられないと思ったのは
今ではいい思い出
(今じゃ全部答えられて書ける)


セメスターの中間、そして最後には実技やペーパーのテストがあり
だらだらと行っていたんでは
やはり辛くなるカリキュラムになってました



のちはウェディング、イベントなどどんどんアドバンスになって行きますが


どのクラスにも自分でプレゼンテーションしなければいけない機会があり

クラスメートの前で発表するのですが
これ、ノンネイティブには大変ですが
ある意味度胸つくよ


不思議に思うのが

普段ちんたらやってる子達が
プレゼンの時は俄然張り切る!


なんともクリエイティブですんごいアレンジメントを出してきたりする


これは、、、国民性というんでしょうか

俺 is No1

前向き、自己アピール、揺るぎない自信


日本との国民性の違いを再認識するのでした



総じて、思ったのは技術的にはなんら難しいものではないし
特別不器用という人でない限りは簡単な内容
レポート提出などあるにはあるが

翻訳ツール等を駆使すれば文法はどうであれとりあえすパス
そんなにストレスのない内容です
ネイティブスピーカであれば楽々なレベル

ウェディングのプロジェクトでは
一つのウェディングを任されたとして
コンサルテーションから
契約書作成、デザイン、花の注文、見積もりの出し方など

これまで、日本でもなんら関わったことのない(生け花だけ)フラワーアレンジメント

アメリカンウェディングにはブライズメイドなるものが存在するのも
初めて知りました
それだけの素人だったよ(汗)




c0327528_06150474.jpg





また葬儀のフラワーでは多文化の混在するLA


世界各国の葬儀のしきたりなど

一つの国をくじ引きで与えられて
その国の葬儀のしきたりをとことん調べて
アレンジメントとともに発表
フラワーアレンジメントの世界だけでなく
アメリカの文化そのものを知る機会となりました



たいへんだけど、やりがいのある自分自身にも益のある内容でした

ただ残念なことに
やはり途中でやめてしまう子も多い

クラスは真面目に出席して宿題さえ提出すれば
全然、パスする内容なのですが

ネイティブスピーカーの子がやめてしまうのには
びっくりしました 

英語の苦手な外国人よりおばさんより
ずっとアドバンテージあるでしょうに、、、


一番、苦労したのはコンペティションクラス
その時のドタバタぶりなど過去記事にあります
今、読み返してみても、自分で言うのもなんですが、面白い


よかったらのぞいてくださいませ







ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
by cloversdesign | 2017-09-20 06:13 | アメリカでフローリスト | Comments(4)

アメリカでフローリスト 〜  ⑥ カレッジでフラワーデザインとマネジメントを学ぶ〜




アメリカでフローリスト



さて、フラワー業界に行くにもいろんな道があります

現場から叩き上げられるのもよし


しかし、少々お金はかかりますが
カレッジに行ってフラワーデザインとショップマネジメントを
学ぶという方法があります

やはりカレッジですからこれが一つの教科となっています
分厚いテキストブックはあるし
理論と、実習と両方教えてもらえます


フラワーアレンジは知ってるが、アメリカのフラワー事情となると?
そんな人にはカレッジに行くことで大体の流れを把握することができます


LAエリアだと、私が行ったカレッジ

Huntington Beachの


になります



のサーティフィケートを取るには

フラワーデザインの8つのクラス(どうやら今学期から6つになったようです)と
1つの選択科目を(ビシネスクラス)履修します


8つのクラスは

Basic(基礎)

Wedding(ウェディング)

Floral business practicum(ビシネスとしてのフラワー)

Advance designs global floristry(葬儀の花)

Event and Display(イベントディスプレー)

Permanent Botanicals(ドライ&アーティフィシャル)

creativity and competition(コンペティション)

現在は1セメスターで(1学期、約4ヶ月)全部履修することも
可能ですが

若い子でやっちゃう子はいますが

お勧めできません(汗)


まず、一つのクラスは一回で4時間はありますから

6つ全部履修するとなると
毎日、しかも2日ほどは1日に2クラス


もちろん宿題もでますし


家庭をもっていたら1セメスターで2科目が限度かと、、


さて、このカレッジ誰でも行けるのか?

はい、高校卒業の資格があれば誰でも入学できます


英語力??


買い物ができる程度で大丈夫かと、、


もし、短大卒資格が取りたければ
English,やMathのテスト
それなりの英語力も必要ですが


アメリカに何らかのVisaがある人でサーティフケートだけ取りたいのであれば

大丈夫

たとえば短期で来られている方でも大丈夫なんですよ

さて気になるお値段ですが


もし何らかのVisaを持っていて(学生Visa は別)
カリフォルニアに1年以上すんでいれば
地元料金となり

学費が1ユニット$46

一つのクラスがだいたい2〜3ユニット

Basicクラスを取ると
これは3ユニットですから学費が

$46x3=$138
花材 $150
学生保険 $20
サービス費 $17
パーキング費 $30

合計$355

1クラスは1週間に一度1セメスターでだいたい13週ほど

一回$30弱?

Cloverさんのワークショップより安いし(汗)

しかし’

インターナショナルスチューデント(留学生)
カリフォルニアに住みはじめて1年未満の方は

学費が1ユニット$234となります

c0327528_13085692.jpg

カレッジでのAIFDデザイナーさんによるデモンストレーション


興味のある人はリンクに飛んでくださいね

私のいうことを鵜呑みにしてはいけない(汗)



さて次回は、カレッジでどんなことを教わるの?です





 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
by cloversdesign | 2017-09-19 06:29 | アメリカでフローリスト | Comments(2)

アメリカでフローリスト 〜 ② インターンシップ 〜




アメリカでフローリスト②



インターンシップ



さて、花屋、もしくはウェディングフラワー専門業者
にいきたいと思っても
飛び込みではなかなかいけない
度胸いりますよね

しかも経験がないとなおさら強いことも言えませんし



その職を得る一歩手前の訓練期間
インターンシップ


というとかっこいいかも
要するに見習い期間です



もちろん、初心者でも雇ってお金も払いつつ
教えてくれるところもある?とは思いますが


昔と比べて、花屋はそんなに儲からない職業になってしまったので
使えない人をわざわざお金を払ってまで教育する
なんてとこはなかなかないのが現実




なんでもいいからやらせてくれ、お金はいらないしかし、教育もしてほしい
ここアメリカではカレッジを卒業するシニアたちには一般的なインターンシップ







自分のキャリアをつけるために
インターンをするのです


私の場合、まずフラワーアレンジメントを取得したくて
日系の花屋さんに習い事として通ってました

習い事じゃなく、デザイナーとして働けたらいいな
という野望があったので
オーナーさんに頼んで、週一回、配達をしながら
インターンをさせてもらえることになりました


今はもう閉めてしまってお店はないのですが
随分とお世話になりました

そこにいることで、花屋の全体の流れが把握できましたし
それと同時に、カレッジのフラワーデザインの方にも通い始めたのですが
クラスに行ってもさくさくわかる
さくさくアレンジできて、結構いい成績を取ることができました



本当に忙しいホリデーシーズンや、プロム前にはお金も発生しましたし
配達のお金も入ってきたので
楽しく見習いさせていただきました



c0327528_08004434.jpg


でも、たまたま私は、知り合いの日系の花屋さんが
いたので頼み込むのは簡単



でもなんのツテもないときはどうするのか?



ここで、大切なのがコネクション!


いわゆるコネ


このコネを作るのには、カレッジに通って
もちろん真面目にクラスを受けて
先生たちと仲よくなって

インターン受け入れ先を紹介してもらう
という手があります


クラスの掲示板には何かしら、募集があるので
先生に私は本当に真面目にさがしてるんだとアピールしておけば
必ず声をかけてくれるはず


インターンだから就労VISAも必要ないです




だいたい、花屋に’インタビューにいって
1年間見習い期間をしたというと
経験があるとみなされます


一応、ハクが付くってことか


いろんな形で働き場所は探せますが
何もない場合これが一番ではないかなと思います



つづく






受付中




おもちゃかぼちゃのアレンジがとても好評です

10月第1週も可能なのでお問い合わせくださいね




日本の方にはこちら、
4年前にアトリエにアップしてますよ










ご訪問ありがとうございます

よろしければポチッとお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
by cloversdesign | 2017-09-11 12:30 | アメリカでフローリスト | Comments(0)

アメリカでフローリスト 〜① 花屋で働くには資格が必要か?〜







アメリカでフローリストになるには?



この間、お友達と話していて
ちょっと誤解があったので

今日、ここにフローリストについて書いてみたいと思います


連載にしたいと思うので、、


時々、書きますね



さてアメリカで花屋さんでデザイナーとして働くのは資格が必要ですか?


答えは


 No 

です

オーナーでもデザイナーでも資格は必要ありません

ただオーナーはビスネスID,ワーカーはもちろん就労可能なVisaは必要ですが

花の国家試験を持っている(そんなんある?)とか
カレッジのサーティフィケートを持ってるとか
そんなの一切必要ありません


現に普通の花屋さんを支えているのはメキシコからの移民者だったりします




フローリストというのは、なんかカッコ良さそうですけど
ブルーカラーの職人さんですから


丁稚奉公からというのがしっくりいくかも
しれません


ではどうやって勤め先を探すのか?

例えば、花屋さんで働きたいと思って明日、履歴書を持って飛び込みで行ってみる



これは十中八九雇ってもらえないでしょう


まず、夏は花屋にとって暇な時期である


じゃあ、いつがいいのだろう?そうタイミングとしてはサンクスギビング前
オリーデーシーズンが始まる前です

”Now Hiring"
従業員募集中

の広告が出てるところがいいでしょう

この時期は、花屋は猫の手も借りたい時期
たとえ経験が0でも一時的に雇ってもらえる可能性大です
ただ店によって多少の経験者というのはあるかも



ただめちゃくちゃ忙しい
経験皆無の人は何をしていいやらわからない

みんな忙しくて教える暇もない

しかも英語が苦手だとさらに辛い状況に



はっきりいうとフローリストって意地悪な人多いです
っていうか意地悪にならざるを得ないんですよね


自分が一生懸命作ってる時に
ぼーっとしてたり
とろとろしてるといらいらしてくるんですね


まず初心者はこのホリデーシーズンで花屋の仕事は
あきらめるでしょう


c0327528_07165053.jpg
クラシックなワイヤリングブーケ



ではではどうやって入り込めばいいの?


Cloverはどうやってフローリストになれたんだい?

それは次回書きたいと思います






ただいま受付中




おもちゃかぼちゃのアレンジがとても好評です

10月第1週も可能なのでお問い合わせくださいね




日本の方にはこちら、
4年前にアトリエにアップしてますよ










ご訪問ありがとうございます

よろしければポチッとお願いします





にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

[PR]
by cloversdesign | 2017-09-10 07:26 | アメリカでフローリスト | Comments(0)

ファーマーズマーケット




今日は土曜日

ファーマーズマーケットへ行ってきました


c0327528_06110706.jpg


ついつい買いすぎてしまうファーマーズマーケット


白イスカビオーサとダリヤ
そしてパープルリシアンサス

どれも旬の新鮮なもの


c0327528_06110175.jpg


しかも安いわ〜



c0327528_06111241.jpg

なんの野菜か?豆の葉っぱまで
アレンジメントに使おうと買ってきた

くるくるが素敵



さあてこれでアレンジメントを作りますよ


乞うご期待




話変わって



この間行ってきた
AIFD Synpodium 2017
のダイジェストビデオがでています


8分くらいですが、うまくまとめられていて
楽しいビデオです よかったら見てくださいね



私も2秒ほど映っていますよ













 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
by cloversdesign | 2017-07-16 06:26 | 暮らし | Comments(0)

AIFDシンポジウム 〜それぞれのお国柄〜




さてシンポジウムの模様です


AIFDの試験に合格すると1年後に正式に認定され
AIFDデザイナーとなります

協会に年会費を収め、必要なクレジット(単位)の取得が
義務付けられます


それは様々なワークショップに参加したり
また年1アメリカで開かれるしいポジウムに参加したり
さらに自分が他の人に教育することもクレジットとして
換算されます

試験に通って終わりというのではなく
これからも研究し、習い続け、教えていかなければならない、
という使命があるのです


協会の存続、アメリカの花業界の質向上として
うまくできてるシステムだなあと思います
金はかかりますがね(汗)


シンポジウムでのフラワーショーでのデモンストレーションも
クレジットになります


AIFDメンバーになれば、エントリーできます
デモだけでなく

シンポジウムの行われるコンベンションセンターのデコや
ディナーのセンターピースなど



私なぞ、とてもとてもそんな大それたこと
と躊躇してしまいますが


野心があり前向きな方はひょいってエントリーされます



今回のシンポジウム
海外からのゲストはいなかったものの
(日本の神保先生か?)

エントリーされたデザイナーさんそれぞれ個性があって
面白いなと思いました


先日のワシントン州のデザイナーさんはじめ


2日目は

母国はポーランドとハンガリーからの女性二人

Ania Norwood

ユーロに欠かせないデザイン
必ず、ブーケにしてもアマチュア(組み土台)があります


c0327528_02320657.jpg

ほらこんな風




またユーロデザインはコンテンポラリーでかっこいい


c0327528_02323318.jpg


c0327528_02321676.jpg


ボール紙を作ったブーケ


c0327528_02322424.jpg


c0327528_02322911.jpg


c0327528_02321056.jpg

こんな大きなアマチュアも作りますよ


ヨーロピアンマスターサーティフィケート(EMC)も持ってる二人

アメリカンデザインとは随分違いますね





一方、アメリカはコロラド州からのデザイナーさん

Arthur Williams



この方はアメリカならではと言いましょうか
発想がすんごくクリエイティブ
おおっそうきたかと驚かされます

c0327528_02450193.jpg
c0327528_02451104.jpg

c0327528_02450794.jpg



c0327528_02451501.jpg

思いっきりアートだ


思い切ったデザインなのですが
作りは、繊細でなかなかこのかたすごいんじゃない?

将来が楽しみなデザイナーさん
(ってそんなこというお前何様?ですね)

c0327528_02452088.jpg
モデルさんも不思議なのだ






お次は中国は香港系の方

Donald Yim


こういう場によく見かける方

積極的に誰にでも話しかけるコミュニケーション能力
真似したい


c0327528_02403459.jpg

スッキリしたデザインで繊細に活けられます


c0327528_02401788.jpg


この枠組みは
そう、割り箸!

やっぱりアジア人ね


他にも黄色や赤を使ったりチャイニーズ色がでてました


Yimさんは、多分野心が人一倍おありなんだろうけど
デモで(またデモの仕方がうまかったんだが)

最近はSNSがさかんになっていつでも開けると
世界のトレンドや、テクニックを見ることができるんだけど


一番大切なのは生で教わること
自分はそうやってスキルをつけていったんだ


初めてインターンではいったところはピッキー(細かい)なお師匠さんで
何度やってもやり直し
志高くしていったもののネガティブな感情ばかり

情熱というポシティブとその繰り返し

そうやって進んでいった今

今ではそのお師匠さんに感謝している


そして彼のこの15年間の集大成作品


c0327528_02402986.jpg

下の赤いものは沸き起こるパッション

そしてふきでるものの中には黒いいくつかのシットがあったり。。

止まることのない情熱を表現されてました



偉い人、上手な人になるためには
誰だってトントン拍子ではいかない
もちろん、羨望、ねたみ、嫉妬日常茶飯事


いつももやもやがあって喜びがあって悔しさもあって
止まらないんだ情熱が



そんな作品に感動してしまいました






ご訪問ありがとうございます

よろしければポチッとお願いします



にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジメント(個人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

[PR]
by cloversdesign | 2017-07-11 05:33 | フラワーアレンジメント | Comments(0)

2017AIFDシンポジウム 〜NorthWest Style~




爽やかなシアトルから帰ってきて

ここでは連日30度を越す日々が続いています



今日からすこしづつシンポジウムの模様など
といってもショーでは撮影禁止だったので
作品を紹介していきたいと思います



第一日目の最初のショーは

”The Northwest Experience"

と題して

ワシントン州で生まれ育った2人のデザイナーによる
プレゼンテーション


Northwest
アメリカ北西部ですね
オレゴン、ワシントンを中心としたエリア

たどり着けばアラスカやトワイライトの舞台でもあり
本当に雨が多く森の地域

そんな地域に育った彼らの作品は
森や緑を中心としたオーガニックな作品たち


c0327528_05585255.jpg

c0327528_05582222.jpg

地元の木々をふんだんに使ったアレンジメントは
なかなかLAではみかけません


c0327528_05581734.jpg


滝をイメージした作品


白いチュルチュルしたものはグルーガンをパーチメントペーパーにランダムに出して
つなげたもの

グルーガンはこんな使い方もできるんですね


c0327528_05581131.jpg

これも周りはグルーガンです



これ今度試してみよう




c0327528_05583799.jpg

ちょっとサイケなアレンジメント


こういうフラワーショーやコンペには絶対欠かせない
アマチュア(枠組み)

土台を組み立ててそこに花をバランス良く挿していく

何ヶ月も前から構想を練り
土台を何日もかけて組み立て
練習してショーに臨みます





フラワーデザイナーと一言でいっても
いろんなデザイナーさんがいます

花屋さんのデザイナー
イベントやウェディング
コンペティター


たとえば、一般の人に花を贈るとき
思い切りコンテンポラリーな芸術的なものは
敬遠されますよね

ウェディングはふわっとして甘く

オフィスや、アートスペースの生け込みであれば
男っぽくモダンにとか



ショーにエントリーする人たちはどちらかというと
お花屋さんより
アーティスト

空間デザイナー
といったほうがしっくりきます


普段はなかなかじっくり見ることのない
非日常な世界に心が踊ります


最後の作品はシアトルダウンタウンをイメージした作品

グローバルスフィアの中に
グリーンや、アートなアーキテクチュアーが共存しています


c0327528_06243335.jpg

枠組みに試験管を取り付け花をさすのも
一般的です





フラワーデザイナーになるのに、アレンジメントの基礎はもちろん
大切ですが

クラフトが好きだったり
ファッションやインテリアが好きだったりする人は
もっと可能性がひろがるかもしれません







今日、紹介した作品は2人とも男性のデザイナーさんですが
作りがとても細かく繊細です
感受性の強さが表れています


今回の認定式に臨む前に
ちょっとしたカクテルパーティがあったのですが
認定者は一人ゲストを連れてきていいことになってます

一緒についてきた夫が
男性デザイナーたちを見て

”これほどにかっこいい男の人たちを見たことがない”



真っ青なスリムパンツをピシッときこなしていたり
もちろん、ブートニアは自分で作る

だらしない格好してる男性はいません
みんなこだわりがあります


そんなイケてるデザイナーさんを見るのも楽しみだったりします




遊びにきてくださってありがとうございます

よろしければポチっとね


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]
by cloversdesign | 2017-07-09 06:42 | フラワーアレンジメント | Comments(0)

着物ドレス





6月も下旬、そろそろ7月がやってきます

7月、アメリカではAIFD(American Institute of Flower Designers)
のシンポジウムが行われます


そこで晴れて私はAIFD(American Institute of Flower Designers)
として承認されます

で、その承認式がなんだかすごいセレモニーで
結婚式以上に緊張しています


みなさん一張羅を着てのぞむんですから
何を着ようかと非常にプレッシャーがかかるのです

私と一緒に試験に受かった日本人の方は
みんな着物を着るそうです


私も考えました、しかし着物って

めんどくさい!
し私が着ると演歌歌手?


当日自分が着付けしなければならない

付属品が一杯ある

帯やら草履やら
荷物いっぱい

慣れた人はいいんでしょうが、

10年にいっぺん着るかどうか?


しかもとり出した着物は時代遅れ感

そこで!着物でドレスを作れないかと思いいろいろ検索したところ
同じExciteブログの手毬洋品店さんに行き着きました



付け下げの中古反物を
購入

早速オーダーしてドレスに仕立てていただきました

出来上がりはTemariさんのブログで



素敵なドレスが出来上がりました!
大満足!


肝心の着る人が着こなせるかが問題なのですが(汗)
100%シルクのお上品なドレス


丁寧な裁縫のこの世にたったひとつだけのドレスです



余った生地でパースも作りました



晴れの場にふさわしいドレスとパースです


c0327528_12134870.jpg


苦手なんだなあ、人前に出るの


Good Luck

自分





遊びにきてくださってありがとうございます

よろしければポチっとね


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]
by cloversdesign | 2017-06-25 12:20 | フラワーアレンジメント | Comments(10)

左脳で考えるアメリカンドリーム





アメリカンドリームって?





憲法が定義しているアメリカン・ドリームというのは


”機会が均等に与えられているアメリカでは

勤勉と努力によって誰でも成功する可能性がある



ということなのだそうです







さて、話は変わりますが


右脳と左脳ってありますよね

あなたは何派?なんて特集もあって

こういう診断をした時にわたしは必ず左脳派になります


左脳は理屈で右脳は感覚で考える

(根拠ないみたいですが)




左脳で考えるって

デザイナーとしてどうよ??


ですよね〜


でも冷静に考えると



フラワーデザイナーとして勉強を初めて

理屈でかんがえることで、

AIFD

(American Institute of Flower Designers)

という

デザイナーの資格も

取ることができたと言い切ります



アメリカにおいて、他のアメリカ人たちと勉強して

資格をとったということは

ささやかですが、私のアメリカン・ドリームです




でっ?どういう風に考えたの?

ってことですよね



以前は素晴らしいデザイナーの作品を見て


すごいなー、素敵だなあ、ゴージャス!

あこがれる〜天才!



だけだったのが



”このカラーのコントラストが美しいわ、上から流れるようなライン

それでいて、まっすぐ上に伸びる力強い枝

この中心になる花もいいわあ

それにしてもこの絶妙なバランス、この空間が引き立つわね



まで言えます



右脳感覚でいうと

なんか知らないけどすごい!

センスある!




から



どうすごいのか理屈で説明できる


これが私にとって左脳で考えるということです


デザインは感覚のようでいて実はひとつひとつ決まりがあって

それを、順を追って理解して行くと

デザインが出来上がるという仕組みです


もちろん実際の練習、トレンドを見極めるためいろんなところに

出向くというのも欠かせませんが



でも、そう左脳で考えると

夢じゃない!って思いませんか?




当のアメリカ人がAIFDの試験に受かりにくいのは

左脳で考えるのが苦手だからなんだと思います





c0327528_06582534.jpg


でもそういう私も以前は感覚で考えていたんです

右脳人間だと思っていました


そこに間違いがあったか!



才能がないから、やっても無駄と

思ってたんですね




でもそうじゃないよと気付かさせてくれた

アメリカン・ドリームに感謝です




明日は留学について左脳で考えてみますね




いつもご訪問ありがとうございます
よければ応援クリックお願いいたします

にほんブログ村
http://flower.blogmura.com/flowerarrangements/
にほんブログ村ブログランキング参加用リンク一覧
フラワーアレンジメント(個人)ブログランキング参加用リンク一覧
ロサンゼルス情報ブログランキング参加用リンク一覧

こちらもよろしく

人気ブログランキング





[PR]
by cloversdesign | 2017-06-13 07:12 | つぶやき | Comments(2)

フラワーデザインワークショップ




こんにちは、お久しぶりです


もう毎日毎日花漬けの毎日ですが

そんな中、たまのお休み、フラワーデザインのワークショップに

行ってきました

ってまた花漬けですが(汗)




AIFD(American Institute of Flower Designers)

サウスウエスト支部主催のワークショップです



今回はコンポーズフラワー(組み立てる)と

最近はやりのウェディングといいますか

ナチュラルな素材を使ってのブーケの組み方

センターピースなどを習いました



午前中はKatie Noonan, AIFDさんによる

チキンワイヤをクーラーにして作ったブーケとセンターピース

パーソナルフラワーなど


c0327528_12211814.jpg

Katieさんのデザイン、センスが抜群で

今時というんですか?素敵なんですよお



ブーケをハンドタイで組んでいくのですが

チキンワイヤーを丸めたものを土台にして花を挿していくのが

特徴


こうすると崩れにくいのです


c0327528_12204909.jpg


できあがりブーケ


ブーケはデモンストレーションだけで


実際、私たちが作ったのは




リストコサージと



c0327528_12210054.jpg


リング


c0327528_12210926.jpg


ナチュラルな秋のグリーンを使って

葉っぱは南天です

センターピースも庭に野山に茂ってる素材で


でもグリーニングだけで花は後で入れてねって


花、ないんかよ!って突っ込みたくなりましたが




家に帰って残ったローズを挿して


c0327528_11584074.jpg

なんとも豪華になりましたね


もうちょっとナチュラルにしたほうがよかったですかね(汗)



いつも訪問させてもらっているブロ友さんのお庭の素材でできそう




Katieさんのhpがありますので

ぜひ訪問してみてください



そして午後の部では


Brad Austinさん



コンポーズフラワーといって

組み立てるメリアブーケなどを習いました



c0327528_12212627.jpg

いろんなものが材料になるものです


これはまつぼっくり




そしてメインであるシンビメリアですが




c0327528_12061040.jpg


この方法、すでに知っていたのでサクサクできました



あとはナプキンリングとか、

ちょっとしたメカニックを教えてもらって

普段でも生活につかえそうなものでした



Bradさんはどうも日本にも来日されていたみたいですね

HPには日本語訳もあります、ちゃんとした日本語訳で


こちらもぜひ



普段はなかなか一線で活躍されている人たちに

教わる機会がない日常ですが


たまに、こういうワークショップにいくと大いに刺激をもらいます

お花やさんや、ウェディングも大量に作っていると

機械的になってきて感動もなにも無くなってしまったり

作る楽しみとはほど遠いものなってしまうんですよね


ちょっと初心に帰ってみる

向きを変えてみる、上を見てみる


大切ですね


そうやって、士気を高めていかないとね




それにしても、HP作るのみな上手いわ〜


これも参考(笑)









いつもご訪問ありがとうございます
よければ応援クリックお願いいたします

にほんブログ村
http://flower.blogmura.com/flowerarrangements/
にほんブログ村ブログランキング参加用リンク一覧
フラワーアレンジメント(個人)ブログランキング参加用リンク一覧
ロサンゼルス情報ブログランキング参加用リンク一覧

こちらもよろしく

人気ブログランキング





[PR]
by cloversdesign | 2016-10-25 12:32 | フラワーアレンジメント | Comments(0)