クローバーのLife is cozy

cloverusa.exblog.jp

アメリカ中国人会



今週になってから雨が降り続いています
もう4日間降りっぱなし
まるで梅雨です

うっとおしいのはやまやまですが
低気圧が去って
青空が広がり、茶色い大地が緑色に色を帯びると
清々しい気分になります



さて
先週は、米国中国人会のパーティのお手伝いに行ってました



友達の仕事柄

よく中国人のパーティやウェディングのお手伝いを
することが多いのですが


そのパワーたるや、とても日本人の比ではありません

そもそも、アメリカ合衆国における
アジア人比率で一番多い民族

200年以上前に移民してきた人たち

60〜70年代に政治亡命した人たち

最近は投資永住権プログラムで入ってくる人たちなど

いろいろなカテゴリーがありますが
(私的に?)
それぞれに特徴があります


今回は、どちらかというと、もともとスノッブな
中国人たち
60〜70年代に脱出してきた方達でしょうか


c0327528_07104338.jpg


もちろんニクソン大統領博物館で
(中米国交樹立の立役者ですからね)

中国色の赤と黄色

アメリカ合衆国色の白、赤、青

アメリカ中国人共和党決起大会みたいなものかしら


c0327528_07103638.jpg

もともと自国でも地位のあった人たちらしく
オートクチュールの衣装を身にまとい
女優さんですか?というくらい
綺麗に自分磨きをされております

もちろん英語、中国語ともに堪能

一種の中国人社交界です




そして最近多いのがEB5ーVisaと言って投資する代わりに
永住権を獲得するというもの

50万ドル(約5千万円)を投資して
配偶者と、成人に満たない子供達
家族全員が永住権を取得できます
(この制度は終わっているみたいですが)

投資のリスクはありますが
一番最短な取得法で

なんとこのVisaの85%を中国人が占めるそうです


投資プラスここでの生活資金も必要になるため

一億円は必要だとか

でも見た目普通の人たち、なんだか垢抜けないけど
持ってるバッグはハイブランドだったり?

私の住んでいる街でもほとんど半数以上は中国人じゃないの?
というくらいここ10年で増え続けていますが

それだけみんなお金を持っていることに驚き

日本が先進国だとアジアの中でいい気になってたのは
今や遠い昔のようですね

それにしても、移住してくる人の理由としては
子供の教育
(アジアの詰め込み教育に辟易している)
すばらしい食、住、複利環境
(自国の公害問題が心配)
を求めているらしいですが


逃げてくる選択なのか!?


夢の国、自由の国アメリカに憧れてはきたが
実際は
車がないとどこにも行けない
医療費、教育費の高さ
アジア人に対する差別
等々

現実とのギャップに
永住権を放棄して自国に帰国する方も
多いらしいです


同じ中国人でも、そんなカテゴリーで見分けがつくようになりました(笑)


それぞれ、カテゴリーはありますが
総じて、同じ民族同士の繋がりが硬い
ささっと中国人コミュニティを作ってしまう

郷に入れば郷に従え

ということわざはないのか

他国で、自分たちの国を作ってしまうようなパワー


見習いたいような
見習いたくないような(汗)



c0327528_07103060.jpg






 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

こちらもよろしく
                       
                           
                        ジャック・ラッセル・テリアランキング

# by cloversdesign | 2019-01-18 08:01 | フラワーアレンジメント | Comments(0)

今年はTidying up! こんまりメソッド



お久しぶりです


たしか10日ぶりです(汗)

何をしていたかって?

仕事が忙しいわけじゃなかったんです
ただスイッチが入ってしまって、、

そう

お片づけの


ここ5年ほど、フラワーデザイナーを目指した時点から
ブログを書いて
とにかく作品を作って
あらゆるフラワーショーに行って

気がついたら、頭の中も家の中もカオス状態

ふと


片付けしなきゃ

リセットしなきゃ

思い立ったら、最後止まらなくなって
今に至る

まだまだ片付け中です


そんなところにアメリカの動画配信会社
Netflix

がですね

新しいリアリティー番組

”Tidying Up"

を配信しました

Tidying up
というのは整理整頓とか断捨離とかの意

なんとこんまりさんがアメリカの家庭に行って
こんまりメソッドでお片づけをお手伝いするという番組



配信は一話40分くらいのを
1シーズン8話一気に配信

いやあ、一気に見ました

私にとってこれは、私のために配信してくれたのか?
というほどの旬の番組


こんまりさんが、アメリカの家庭を訪問するのですが
家族形態もバックグラウンドも様々

小さい子供の子育て中でカオスになっている家庭

子供達が巣立っていって二人になった夫婦

お母さんにお片づけは任せっきりの家族

なくなった夫の遺品整理をなかなか始められない妻


番組ではどアベルを押して訪問するところから

そして挨拶をした後は
こんまりメソッド通りに
家に挨拶をするところからはじめます
この日本的な儀式のアメリカ人の反応を見るのもおもしろい
これだけの荷物どうするのよ
と他人ながら心配しながら見るのですが
変わっていくのですよ

きゃしゃで可愛い感じのこんまりさんですが
堂々としてそれでいてあったかくて
気がつけばみんなこんまりさんのペースに入ってしまいます

たかがお片づけ番組なのにホロリとするところもあって
とてもうまく作られております








そもそも、こんまりさんを知ったのは
夫の妹にすすめられた”人生がときめく片付けの魔法”が始まりで
あれ日本人?
おおーオリジナルは日本語なのね
アメリカ人に教えられたかよ(汗)






それで肝心のわたし家のお片づけですが
片付けていくに従ってわかったこと

日本からアメリカに越してくるときに
最低限の家具とものを持ってきたんですね




アメリカに越してきて1ヶ月ほどは荷物も’届かず
英語もわからず
ホームシックの日々でした

それが船便の荷物が届いた途端
ほっとしてそれまで霧の中に’いた状態だったのが
やっとアメリカに落ち着いたと感じました

物にも魂があると気づいた瞬間

あれからこの消費大国のアメリカ
様々な魅力的なものが安価で手に入り
物はどんどん
増えていきました



片付けてみると
残ったのは、最初に厳選して持ってきたものばかり
そして夫の実家から受け継いだもの
たかがものですが、愛着を持つことで
物はいきてくるのですね


ちょっとリフレッシュして
お気に入りの物たちにエネルギーを
もらうこととします




それにしても、アメリカ人、ものを持ちすぎ!
ちょっと麻痺してるわ
病気だわ


こんまりさんの世界をお片づけする
という夢

決してだいそれた考えじゃないな

世界を股にかけて飛び回るこんまりさん
エールを送ります

c0327528_15290956.jpg



 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

こちらもよろしく
                       
                           
                        ジャック・ラッセル・テリアランキング

# by cloversdesign | 2019-01-15 15:37 | つぶやき | Comments(6)