人気ブログランキング |

クローバーのLife is cozy

cloverusa.exblog.jp

ジャカランダランダとパイオニア女性園芸家



5月、6月とサザンカリフォルニアを彩る
ジャカランダ


c0327528_07554274.jpg

もうそろそろ散り始めてきました


南カリフォルニアを去った人が懐かしく思うものNo1は
このジャカランダではないでしょうか?
初夏を彩る、印象的で優美な樹


そもそも、原産は南アフリカだそうですが
どうやって、南カリフォルニアを彩ることになったのか?

こちら、パイオニア女性園芸家



サン・ディエゴ市にあります広大で美しい公園



Balboa Parkの母と呼ばれています



c0327528_07504638.jpg
サン・ディエゴといえばBalboa Parkっていうくらい(私的に)
とても広大な美しい公園です


Kateはサンフランシスコ生まれ

1881年にバークレー大学の自然科学学科を卒業
女性で第1期のバークレー卒業者

その後、サンフランシスコのビジネススクールに通った後
サン・ディエゴ市に学校の教師として赴任

しかし、サンディエゴの温暖な気候は彼女の園芸家としての
本能を呼び覚ますのは十分で

一年後、彼女は教師を辞め、園芸店とフラワーショップを経営
いくつかの裕福な人たちの庭のデザインなどを手がけ
同時に世界中の様々な種子を入手、(ヨーロッパ、メキシコ、南アメリカなど)
そして育てる

その種類は、私たちが日々目にしている
ブーゲンビリア、ストレチア(極楽鳥花)プルメリア、
そしてジャカランタなど

それらの珍しい植物、また同じく南カリフォルニア原産の
植物を広く地域に広めたのでした

1892年にサンディエゴ市よりCity Parkの32エーカーの土地の
企画を任されます

それから一年に100本もの新しい樹木
300本もの樹木をサンディエゴ市の公立の土地に植樹

City Parkは今やBalboa Parkと呼ばれる
サンディエゴを主張する公園となっています



とりわけ、南カリフォルニアの気候に合った
ジャカランタは育成もたやすく
1920〜1930年代にLAとサンタバーバラに数多く植樹されました


c0327528_08062089.jpg
ビスケとジャカランダ



それから100年余り
南カリフォルニアといえばジャカランダというくらい
大きなその紫の立ち姿は皆を魅了しています




彼女はパイオニア(開拓者)と言われる所以
サンディエゴの名誉市民、いたるところに彼女の銅像が
市内に見かけられます

彼女の晩年病床の床にサンディエゴ市の職員が
この場所にどの植物を植えたら良いか訪ねてきたというエピソードも


一人のマニアックな情熱が世界を変えます
いつの世もそんな情熱を育て上げる土壌を持っていたいものです








 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

こちらもよろしく
                       
                           
                        ジャック・ラッセル・テリアランキング

# by cloversdesign | 2019-06-26 12:40 | ガーデニング | Comments(5)

Listen to the Music




がーん、デスクトップPCの液晶画面が壊れてしまいました



どうにかMacBookを買ったのですが

痛いのはdesktopのMacが古いため(といっても4年前くらいよ)
当時、買ったPhoto Shop エレメンツがMacbookに移動できない

MacBookにダウンロードするには新しいバージョンを
購入しなければならないとな!?

$178だと?!

この世の中便利になったけど
電化製品も、pCも携帯もしょっちゅうUpdateしなくちゃなんないじゃない?
年寄りにはキツイわ、お金もキツいわ

未だ、迷ってます

ということで、しばらく写真をUpしてもどでかくなっていると思います





さ〜て、どんよりな日々が続いている南カリフォルニアですが
いつも5月〜6月にはマリンレイヤーといって海からの冷たい空気が
雲を発生させ朝から夕方まで曇り空という日が続きます

とりわけ今年はそれが顕著で
2月3月からの雨から続き

毎日、寒くて曇り空という南カリフォルニアらしからぬ
お天気

そんな天気も手伝ってか
何しろ、最近は更年期もひどく
ちょっとしたことでイライラしたり
人々が全部敵に見えたり

よくないよくない傾向です

思い切り笑ったのはいつだっただろう?
やる気の出ない毎日
とそんな鬱々な日々


そんな時、ふと入ったレストランで
かかってきた曲


Doobie Brothers


Listen to the Music


これきいて不覚にもだーっと涙が出まして

私が中学時代?に
ポピュラーだったアメリカンウェストコーストロックの
Doobie Brothers

親しみやすいリズムと気分が上がるテンポ

胸がキュンとするような懐かしさが重い雲を取り払って
青空が広がっていく感じ?

そういえば、学生時代はまだ見ぬ外国に憧れてました
音楽を聴いて世界を旅しましたね(脳内旅行)
ベイエリアからリバプールから
あのホットなナンバー空に消えてった
希望と憧れとワクワク感と

忘れてたよ、それ


帰ってDoobie Brothersで検索
ネットサーフィンしてたら、何?今月OCにてコンサート?

しかもサンタナとDoobieという
何その団塊オヤジ感激カップリング!!
(日本では私たちの世代?)


チケット即買いしました


お弁当持って、ワイン買って後ろの芝生席でピクニックしながら聞くんです

カリフォルニアの青い空の下で







2013年のもの


ああ、観客のノリに安心する(笑)






 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

こちらもよろしく
                       
                           
                        ジャック・ラッセル・テリアランキング

# by cloversdesign | 2019-06-09 00:45 | つぶやき | Comments(4)