クローバーのLife is cozy

cloverusa.exblog.jp

カテゴリ:旅( 66 )

沖縄旅行④ 沖縄ブルー



さあ、沖縄といえば青いビーチ
今日は中部、北部のビーチへ行きます



ラッキーなことに沖縄滞在5日間中
丸々3日間はピーカンのお天気
気温も高くもなく低くもなく沖縄の休日を満喫


米軍基地を後にして目指すは本部町



その途中で恩納村の万座毛へ


c0327528_08145733.jpg
私たちの間では

Elephant Cliff(像の絶壁)



頂上の平らな地へ万人もの人が座れることから
万座毛と名付けられたんだそうです


ぐぐると自殺の名所といった記事が一番ヒットしますが

ここに限ったことじゃなし
こういう断崖絶壁は必ずそういう名所ですよねえ


沖縄県本部町

泊まったホテルはここ







c0327528_09205729.jpg

ホテルの前に広がるエメラルドビーチ
実はこのビーチ人口らしいです
砂はヨーロッパからとか?

建物も新しく、客室もかなり広くお隣の美ら海水族館やエメラルドビーチにも
歩いて行ける距離にあり
小さい子供がいる家族やお年寄りには楽でいいかもしれません




さて、高級ホテルは一泊にして
翌日はさらに北へ進みます


2〜3観光地に寄りながら
そこは次回にでも







次のホテルに着く前に古宇利島へ
古宇利島に続く橋を渡ります


c0327528_08150916.jpg

長い橋海はこんな感じ

ありえないくらいのTeal Blue

緑と青の中間っていうのかな

c0327528_08150617.jpg

この海の中を突っ切っていくんだから驚きです

ずっと浅瀬っていうのがすごいですね

サンゴ礁ですものね




さて夕刻にオクマビーチに到着

道すがら、立地などはのんびりとした漁村
今回泊まったホテルはコンドミニアムを基調とした滞在型リゾート






HPが何気に素敵にできており
ついた瞬間、あれ違う?感は否めませんが(汗)

全室コテージであるし友達同士でワイワイ行くには
最高です

近くには大きな陸上競技場があり
たくさんのスポーツ合宿の生徒たちで賑わっていました

外国人率も低く(多分古いから?)
周りはまったくの日本の漁村
マリンスポーツを満喫するのもよし

ちょっと足を伸ばして北部のやんばるの森探検とか
沖縄2回目さんがレンタカーで回る旅に
もってこいのところでした


c0327528_09160291.jpg

ここも青すぎて眩しい海


c0327528_09155782.jpg


c0327528_09155425.jpg

この日は沖に出てシュノーケリング


餌付けされてるのか!?というくらい熱帯魚が寄ってきて

乙姫様気分でしたよ


ささ、今日は碧く眩しいばかりの海を集めてみました
明日は、おすすめ観光地へ



c0327528_09160450.jpg



やどかりいっぱいでした







 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

こちらもよろしく
                       
                           
                        ジャック・ラッセル・テリアランキング

by cloversdesign | 2019-03-24 09:27 | | Comments(0)

沖縄旅行③ 沖縄米軍基地





さて、三日目


今回の日本旅行最大の目的である
夫の妹の思い出を訪ねる日


夫が高校生時代
義妹が小学校4〜6年の間

当時海兵隊軍であったお父さんについて
家族で沖縄の基地で3年間暮らしました


基地ではあるけれど初めての海外暮らし
そして海の青さ

15回以上(米国内)も引越しを経験したようですが
妹には沖縄の地が強烈に印象付けられたようです

まず、日本へ来て初めて住んだ家
基地内の住宅に空きがなく
基地外の米軍住宅へ1年間

なんとなく位置はこの辺というのはわかるものの
住所がはっきりしてなく

そこここで聞きながら家探し

やっと見つけました

c0327528_05215028.gif
今も現存!

若いアメリカのカップルが住んでいました

うるま市の断崖に立つ家
隣はダイビングショップ


c0327528_05215751.gif

昔は直ぐ家の裏からビーチにアクセスできたんだとか

アクセスも悪く
ボロい家だったけど
思い出深かったようです


そして、夫が通ったハイスクールへ

米軍基地に入るのは初めて
お義母さんは元ベテランなのでカードをみせれば入れますが
私たちにはゲストパスが必要
受付事務所でパスポートを見せたりペーパーを書いて
パスをもらいます

昔はゲートなんてなく、自由に出入り可能だったそうです


c0327528_05280016.gif

ハイスクール正門


c0327528_05314892.jpg
まるでアメリカ(当たり前か)


c0327528_05333628.gif
2年目から住んだ基地内の住宅


c0327528_05333025.jpg
基地内の住宅も敷地が広い
常にガーデナーさんが草刈っているのもアメリカ(汗)



c0327528_05350490.jpg

c0327528_05332622.gif

基地のフェンスまで来てみました


c0327528_05332131.gif
北谷町が見下ろせます


沖縄の中のアメリカ



沖縄をレンタカーで旅してその米軍基地の多さにびっくりしました

沖縄県土の15%を占めるんだとか


沖縄をGoogle Mapのサテライトで見てみてください

一等地に広がるグリーンが米軍基地
住宅もかなりゆったりと配置されていて
その周りに地元の人たちの住宅が米粒のようにひしめいています
(この状態、本土も一緒だと思います)

なんだかねえ

太平洋戦争で唯一日本の地上戦となり
県民の4分の1が犠牲となった沖縄
家も焼き払われ、土地も強制没収され
終戦になってからも27年間米国の統治下に置かれ
本土とは隔絶され、産業も遅れてしまう

返還後も日本の玄関基地として生きる

今、もめている米軍基地問題
おじいやおばあが反対するのはよくわかる

日本政府の対応や米軍の対応
あまりにも理不尽と感じます


しかし、米軍基地が沖縄と切ってもきれないようになっているのは確かで
基地があるために、安定した職につけている
(確か基地関係は公務員?)

若い人たちはしかたないさあ
それもよくわかる



夫が住んでいた当時はハイスクール生でもあるし
今のように観光地の道路も発達していなくて
日本語はもちろん日本食も食べるのは稀だったよう
日本には関心がなかったようですよ



近いうちに夫と沖縄を旅してみたいなと思います
今や日本語をあやつり、日本の会社に勤めている夫に
当時とまた違った印象をこの地は与えることでしょう



さあ次回は沖縄ブルー





 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

こちらもよろしく
                       
                           
                        ジャック・ラッセル・テリアランキング

by cloversdesign | 2019-03-23 06:14 | | Comments(1)

沖縄旅行① 首里城散策





お久しぶりです

先日、日本から帰ってきました

やはり、日本はスギ花粉大乱舞で
10年ぶりの鼻づまりに辟易しておりました


さて、旅行の大半は沖縄旅行
初めての沖縄
綴っていきたいと思います

c0327528_05284071.jpg



まず、那覇空港に着いて
その日出かけた首里城


13世紀から14世紀の間にかけて創建されたと伝えられる
琉球国の城

15〜16世紀にかけての中国、南洋諸国との貿易に
栄華を誇った琉球国ですが
宮殿も、中国風で、沖縄人のルーツは大陸からなのでは?
思われがちですが
言葉の違いはあれど和語を基本にした話し言葉
かな感じ交じりの書き言葉などは日本であり

住民のルーツは、日本本国だと言われています




創建から幾度か戦いの火災を得て
消失、再建を繰り返し
1945年の太平洋戦争沖縄戦では
首里城の地下が日本帝国陸軍の総指令室となったため
米軍の爆撃を受け
完全に破壊されました

c0327528_05285404.jpg
首里城から見る那覇市内


その後、城跡に琉球大学が建設、移転

現在のように新しく再建されたのは
1992年のこと



c0327528_05285040.jpg


本殿には、真新しい木の香りのかぐわしい
ファンシーな建物

大勢の観光客から聞こえる異国の言葉で
ここはどの国なのか?と錯覚しそうな空間


日本とアジアの文化がミッスクされた架空の国のようです


沖縄特有である御嶽と呼ばれる聖地
これを中心に村落や城が栄えていったと言われますが

首里城再建前はこの首里城御嶽に
自由に参ることが可能であったのが
首里城公園として公開されるや

御嶽が取り壊されたり
入るのに有料になったりと

確かに綺麗な建物ではあるけれど
何かちょっとふに落ちないものがあります


日本本国と外国に翻弄された(今でも)琉球国
独自の文化を築いていった人々のプライドが
そこここに垣間見られる沖縄です


c0327528_05283680.jpg
首里城内でいただくさんぴん茶(ジャスミンティー)
と沖縄特有のお菓子

小麦粉を素朴に焼き上げた味は
子供の頃のおばあちゃんや母が作ってくれた焼き菓子を思い出して
懐かしくなりました




明日は聖地訪問です





 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

こちらもよろしく
                       
                           
                        ジャック・ラッセル・テリアランキング

by cloversdesign | 2019-03-21 06:36 | | Comments(4)

明日から日本



明日から日本です

今回は、夫の母、妹その娘、うちの娘たち、私と
ガールズトリップ


沖縄に行きます

私は初沖縄

夫家族は80年代に3年間ほど沖縄に住んでいたので
私より詳しいに違いありません
(あまりに変わってるけどね)


今日はパッキング

長女に持っていく
クッキーを詰めたり

c0327528_12593302.jpg


遠足前の小学生時気分です(汗)




今日の普段着デザイン
春のキャンドルセンターピース


c0327528_12592894.jpg


旅行中記事をアップすることはできるか?

アップできはしますが、写真の圧縮ができないんですよね〜
みなさん、Photoshopなしでどうやってるの?

大きい写真になるかもよ〜







 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

こちらもよろしく
                       
                           
                        ジャック・ラッセル・テリアランキング

by cloversdesign | 2019-03-07 13:08 | | Comments(10)

A Happy New Year!





あけましておめでとうございます



前回からだいぶ間が空いてしまいました
ここ1週間ほどはPCを開けないでいました
(結構リラックス)

まだ、みなさんのところへ訪問できていませんが
今年もよろしくおねがいいたします



さて、クリスマスとお正月をまたいで
あっというまにすぎてしまった1週間ですが

長女が日本から帰ってきたり

バイトで明け暮れる次女に会いにサンフランシスコに
行ったりと

それなりに忙しく日々を過ごしました






クリスマスをすぎてサンフランシスコへ


c0327528_10443777.jpg

LAを出る前はいいお天気だったのが




c0327528_10444258.jpg


山を越えたあたりから雲行きが怪しくなり


雨こそ降りませんでしたが
時折、突風のふくなか
フリーウェイ5を進みます


LAダウンタウン内のFWY5はいつも大渋滞ですが
LAを出ると
ほとんど砂漠地帯をまっすぐに進む2車線FWY

カリフォルニアの平原地帯を走る農地しか見えない
とても退屈な一本道


しかし、今回、初めての遭遇

Tumble Weeds

回る干し草です
そう、西部劇に出てくる
荒野を吹き荒む風にくるくるやってくる
あれです






おおっ!西部劇みたい!

お上りさん気分で素直に感動したものの

この干し草たち、道路で交通事故を巻き起こしたり
風の通り道になるところで大量に団子つまりしたりと
なかなか厄介なものらしいです



そんな荒野を抜けてサンフランシスコへ

サンフランシスコは上天気
(体感的に夏より冬の方が暖かい気が)

c0327528_10445079.jpg

空気も澄んでいて夕日に当たるサンフランシスコはとても綺麗でした



2泊だけのサンフランシスコで
ただ、家族で会うのが目的

翌日は、Sonomaのほうをぶらぶらしたり

夫の叔父さんに会いに行ったり


c0327528_10445453.jpg
元ブラックスミスアーティストであった夫の叔父さんの家のクリスマスツリー
叔父さん作の椅子にオーナメント
センスいいなあ



サンフランシスコから帰ると翌日は
おせち作り


c0327528_10450796.jpg

うちの田舎ではおせちは皿鉢料理です
大皿に盛る!

好きなだけとって食べる

そしてやっぱり、有田焼が活躍するんだな(笑)
べたな田舎料理だけど
一年の始まりにはやはりこれですね



c0327528_10450386.jpg
お花はシンプルに


いそがしいとは言いながら
やはり年末年始らしく
だらだらと過ごしました


切り替えがなかなか難しかったりしますね(汗)







 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

こちらもよろしく
                       
                           
                        ジャック・ラッセル・テリアランキング

by cloversdesign | 2019-01-04 03:43 | | Comments(6)

Welcome to Los Angels 〜観光客が行かないLA〜



今日はLAフラワーマーケットに行ってました

世界中でも3本の指に入る朝のフリーウェイ大渋滞のなか

オレンジカウンティからだと
およそ2時間近くもかかります
(空いてると50分)

いつもはフリーウエイを乗り継いでいくところ
あまりの渋滞に今日はGPSナビのすすめる近道に

FWY710を降りてからローカルの道を通ってダウンタウンへ



そこは工場、倉庫などが立ち並ぶ地区なんですがね
どっひゃー、これこそLA

フラワーマーケットのホームレスたちも衝撃ですが
彼らは故意に危害を加えないですからね
(メンタルは別として)


c0327528_06330853.jpg
ナビの言うままにこんな道

ほこりかぶったメルセデス


c0327528_06330394.jpg
がベに書かれたペインティングは
いわゆるギャングのマーキング



友達と一緒であったし
(男性もね)
朝だったので良かったですが


夜だと絶対に危険です

ここでガス欠になったら?携帯電話がなかったら?

空恐ろしいです

なるべくフリーウェイを使いましょうね


しかし、あのマーキングを見るたび
なんでその才能他に使わん!?
その微妙なレタリングバランス
デザイナークラスだぞ!

と思うのは私だけでしょうか


古い寂れたレンガのビルとペインティング

アーティスティック


c0327528_06394144.jpg


マーケットが近づいてきました

マーケットに近いアートディストリクトは最近
デペロッパーたちが古い建物を買って

おしゃれなレストランやスタジオに改造しています


郊外に流れて行った人たちを呼び戻すことが
できるでしょうか

そうやってまた土地がどんどん高くなっていくんですね

そしてまた安い土地を求めて郊外へ


そんなことの繰り返し


関係あるんだかないんだか


花の値段も毎年じわじわ上がっているLAマーケットです(泣)


c0327528_06325798.jpg



 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

こちらもよろしく
                       
                           
                        ジャック・ラッセル・テリアランキング

by cloversdesign | 2018-10-12 06:59 | | Comments(2)

四国探訪③ 〜心臓破りの石段こんぴらさん〜



四国の旅3回目は

瀬戸内海地域である香川県に行ってきました


香川県善通寺市は妹が住んでいるので
彼女の家に拠点


昔、カリフォルニアで仲良くさせていただいた
徳島に住むお友達と香川で合流


金刀比羅宮(こんぴらさん)
観光で行ってきました



よく、悔やむことですがこういうブログネタのシチュエーションを想像しつつ
写真なり取材なり取ればいいんですが

全然計画性のない行き当たりばったりの
我がブログ
しかも写真はI-Phone

なんだかまとまりのない旅行記です


今回もロードトリップ


c0327528_08160631.jpg
宇和島から善通寺までほとんど高速道路を通って行きます
と行っても宇和島から松山までは片道1車線しかないの(泣)


それでなのか、ナビでは2時間半なのに
トイレ休憩を入れて3時間ほどかかります


でも信号はないし1本道なので
快適です


そして友達と善通寺駅で待ち合わせていざ
こんぴらさんへ


こんぴらさんというと、江戸の頃から庶民の間で流行った金比羅講
江戸時代において唯一の家族旅行が許されるのは
金比羅参りと伊勢参りのみだったそうで
それは庶民の憧れだったようです


乏しい知識として私が知っていたのは

海上交通の神様

石段が長い

ということ

でもおじいさんおばあさんもお参りするもんね
大したことないんじゃない?

高をくくっていました(汗)



c0327528_08321088.jpg


神社に続く最初の参道


両隣にはお土産屋がひしめいています

緩やかな石段

余裕


c0327528_08315723.jpg


ちょっと勾配がでてきましたね


でもところどころ平坦なところがあるので
比較的楽です



c0327528_08360316.jpg
さあお店も途絶えてようこそこんぴらさんへの鳥居が



なんだ〜、楽勝じゃん


しかしここまで立ったの385段
本宮までは785段あるというのに

周りの青もみじを見ながら
軽やかに進んで行きます


そしてどーんと大きな御社が


ここかな?

いやそこは旭社という宮で中間にある中宮


ここまでで500段



そしてその本宮と思わしき旭宮を過ぎると

ここに

c0327528_08461365.jpg
ど〜んと

長くて急な階段出現!



じいちゃんばあちゃん、登れんやろ?!

しかも一気登り!



大丈夫これさえ登れば、本宮に着くわ
と気合い入れ

登り切ると

またまた

c0327528_08483797.jpg
石段が出現


皆からえ〜っ!!というブーイング

しかもさらに長く急な

絶対転げ落ちる人いるわ〜


そしてやっと、やっと


c0327528_08484482.jpg

本宮を拝むことができました


c0327528_08590728.jpg


下からこんなところまで登ってきました


讃岐平野が見渡せます
空気の状態のいい時は瀬戸大橋も見えるそうです



実はまだこの上に奥社と呼ばれる社があるらしいですが

残念ながら此れ幸い工事中でいけませなんだ

ここよりさらに30分ほど石段を登るらしい(汗)



ちゃんと下調べをして臨むともっと楽しめたに違いないですが

本宮でしか買えないお守りや
さらに上の奥社でしか買えないお守りもあるそう

ちくしょー、お守り買って帰ればよかったわ


こんぴらさんについての詳しい解説は
以下のリンクでどうぞ









いやほんとしってたら十倍楽しめたのになあ


次回はぜひ金比羅歌舞伎とセットで
楽しみたいです



c0327528_09074861.jpg



四国の旅どうでしたか、今回は西半分の観光地を紹介しました
実は東半分は未知の世界

高知県市から東と徳島県は未だ行ったことがないんです

マイカーで行っても5時間以上はかかるでしょう
思うより広い四国

四国を旅するなら主要空港に飛行機で飛び
四国内はレンタカーで回ることをお勧めします
各町の道の駅めぐりも楽しいです
マップにもあるように列車は倍の時間がかかります
駅に降りても無人駅だったり観光地に行くのに
バスやタクシーを利用しなければなりません


よく、アメリカの方から
ジャパンレイルウエイパス
(外国人が使えるJR乗り放題格安パス)
で四国観光するんだけど、どこがオススメかしら
と聞かれます


新幹線感覚で四国鉄道を考えてらっしゃるなら
おやめなさい

とわたしは提案いたします


でもレアな路線は鉄道マニアの方にはツボですかね

あ〜そして時間がうんとあるなら、公共の交通機関を使って
四国霊場88箇所めぐりもいいですね

うんそうだそれいいわ

10年後、Cloverの遍路旅〜Life is Peace~
になってたりして






 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

こちらもよろしく
                       
                           
                        ジャック・ラッセル・テリアランキング

by cloversdesign | 2018-06-17 09:53 | | Comments(2)

四国探訪② 〜柏島体験スキューバダイビング〜





四国の魅力を紹介する

四国探訪第二弾


今日は四国の海をご紹介


といってもこの海は太平洋側
四国南西部の海になります

愛媛県人?四国人あるあるですが

瀬戸内海VS黒潮太平洋

内海VS外海ですか

日本のエーゲ海(ほんとか?)と呼ばれる瀬戸内海
波も穏やかで点々と散らばる島々
瀬戸の花嫁の情景が浮んできますね〜

対して西南地域の太平洋、岩場に打ち付けるドッパーンの波
アメリカ大陸へ続く海
水平線
男前的な

同じ四国とはいえ、随分と雰囲気が異なります

採れる魚も違います
小さくて潮流により身が引き締まっている瀬戸内の魚に対して

黒潮に乗ってきたマグロ、カツオ、ハマチなどの
大型魚が豊富な太平洋


県民性もちがってたりするんです


語り出すとキリがないのでそれは置いといて


今回行ってきたのは

豊後水道と太平洋の間にある高知県大月町は
柏島に行ってきました


柏島といえば知る人ぞ知るダイビングのメッカ
その海は日本で一番透明度が高いと言われているんですよ
また豊後水道と黒潮の交わるポイントであるため
様々な種類の魚を見られることができるんです

c0327528_06095567.jpg



宇和島から、2時間足らず?
もっとかかったような気がします

、宿毛市からは途中の大月町までバスが出ていますが(1時間に1便)
そこから先バスが通っていない!
アクセスが悪いといえば悪い
それゆえ観光客もそんなに多くない理由でしょうか

柏島は島です。しかし車で橋を渡っていけることができます

クネクネの山道を塗って本当に最後に青い海が目に飛び込んできます

島へ渡る橋の上から見下ろすビーチ

c0327528_06241116.jpg
テンション上がります


c0327528_06241984.jpg

本当になんでもない漁村といった感じなのですが


c0327528_06240627.jpg

建物ないと外国ですか?



実は私30年ほど前にスキューバダイビングのオープンウォーターライセンスを
持ってまして、趣味で潜ったもんです

柏島はもちろん、四国西南の綺麗な海は結構潜りました


しかし、それは友達とのビーチエントリー


今回は体験ダイビングという形で簡単に機材、注意事項の説明を
受け


初体験船上エントリー

c0327528_06323351.jpg
3〜4分ばかりボートで沖に行きます



c0327528_06324901.jpg


ここがダイビングポイント


今回は透明度が悪く7〜8mしかないんだとか
(25mの時もある)


c0327528_06322842.jpg


さあ、エントリー
この後ろからドボンとエントリーするのが
一番緊張します


c0327528_06324483.jpg


やっぱり濁ってますね



c0327528_06324020.jpg

ニモ!



c0327528_06323615.jpg


ハリセンボン


水深5mくらいの海を役45分ほど遊泳散歩

少々濁っていたし、写真も下手なので
私たちがお世話になったダイビングショップさんのHpをご覧くださいね





きになる外国人率ですが

実に1パーセント?くらい?

まだまだレアな観光地ですよ



私が30年前にきた時は、民宿が2〜3件あるくらいだった気がするのですが
今はダイビングショップでも10件近くあるようです
数年か前に釣りバカ日誌のロケ地にもなったところで
磯釣りでも有名

水着とタオルさえあればダイブできちゃいます
夏がやはりシーズンですが、安定した透明度があるのは冬だそうです


民宿もかなりの数があり一泊2食付きでほとんど7000円以下
地元のお魚を堪能できます


最近よく聞かれる人気の直島
瀬戸内海の日本人にも外国人にも大人気のアートとリゾートの島
ホテルもいつも満杯でものすごくお高くてびっくりですが

ちょっと車で4時間ほど走ればこんな綺麗な海を見ることができますよ
南にも足をのばしてくださいね


c0327528_07074292.jpg

柏島近くの観音岩


壮大ですよ




 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

こちらもよろしく
                       
                           
                        ジャック・ラッセル・テリアランキング

by cloversdesign | 2018-06-15 07:10 | | Comments(2)

四国探訪① 〜高知の魚は美味しいぜよ〜




さて、日本滞在記ですが


東京、京都の後は実家のある四国へ
滞在期間10日あまり
実家を拠点に
One-day Trip でいろんなところへ行ってきました


四国、そう4県からなる島、島?
島というには大きいか国か

実家は四国の西南地域
ここから、一番遠い徳島県に行くとなると
自家用車で5時間以上はかかってしまいます

交通機関を利用すると7時間近くに!


四国、島と思ってはいけない
一周するにはやはり最低3泊は見ておかないどだめですね



まずは次女の友達に会いに高知市へ


さて今回のルート


c0327528_08271397.jpg

宇和島を出発したら、四万十川添いに四万十町へ
そこから、高速に乗って高知市まで行きました



四万十川沿に進む平坦なルートで
曲がりくねった道は続くものの
四万十川も堪能できて

日本最後の清流好きにはたまらないコース
(最も最近は生活排水で清流とはいえなくなってきているとか?)



c0327528_08333925.jpg


こんな景色を横目に約2時間進みます


c0327528_08333644.jpg


道端の紫陽花が満開


c0327528_08324456.jpg
この道々に所々見かける
無人野菜発売所

小さい小屋に並べられた野菜が一袋づつ入って100円

もちろん無人ですから
とった人が備え付けのお金箱に入れて行くという


アメリカでは想像すらできないシステム(笑)
瞬く間に野菜もお金もなくなってるな


中間地点の四万十町(旧窪川町)から
高知自動車道にて高知市へ

約、1時間ほどで高知市に到着


商店街をぶらぶら


さあどこで昼食にしようかと探していると

そこにちょっとひらけたこういう場所が


c0327528_12120042.jpg

1998年に平成浪漫商店街としてデビューした屋台村



約60もの飲食店を中心とした店舗は
和食、中華、イタリアン、インド料理など様々


c0327528_12190195.jpg

c0327528_12185491.jpg


好きな惣菜を屋台で買って中にある椅子に座って食べるという
いわゆるフードコート

もちろんお酒もありますよ


c0327528_12121217.jpg
c0327528_12120881.jpg
鰹のタタキは藁でやくのが王道

c0327528_12205940.jpg
おおっ、かつおたたき山かけ丼


c0327528_12210727.jpg


鯛めし


c0327528_12211123.jpg


田舎こんにゃく刺身


なんとも飲み好きな高地らしい市場

観光客はもちろん、お昼には地元民ビシネスマンがランチ
夜はみんな入り乱れて、わいわい酒を酌み交わす感じ

雰囲気は立ち飲み屋的な
うん、ぜひ夜に行って見たいところ

高知市に行けば、ここは外せませんよ〜



さて帰りは、高地から高知自動車道で須崎市までそこから、
梼原町、津野村を抜けて愛媛へ帰る

山のコース

c0327528_12321954.jpg

トンネルがいっぱい


c0327528_12321426.jpg
2時間ほどずっとこんな景色です

勾配のある緩やかなカーブがずっと続きます

運転好きな次女が運転しましたが
ちょー、面白かったそうです



どこかの外国人が、日本はどこまで行っても人家がある
と行ってましたが


ふっ、田舎を知らないのね


ここは分け入っても分け入っても青い山


どこまで行っても都市が出現しませんことよ

c0327528_12514210.jpg
商店街にクワガタ歩いてたし



さて、遠くから来られる方のアクセス方ですが
色々なアクセス方がありますが

松山空港で降りた場合
の宇和島経由

やはりレンタカーを借りることをお勧めします
電車はなくディーゼル列車しかありません
トンネル多し、揺れます

松山から宇和島市まで高速(1車線しかない)で1時間半

宇和島市から四万十川を見ながらあるいはアウトドアを楽しみながら
4〜5時間かけて(休憩なしだと2時間半)
高知市到着

宿は高知市内で
地元産の魚と美味しいお酒を満喫

翌日は日曜市や、龍馬ゆかりの桂浜を観光するのもいいですね

まだまだここは外国人観光客も少ないです

高知編
次回は海へ行ってきますよ



 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

こちらもよろしく
                       
                           
                        ジャック・ラッセル・テリアランキング

by cloversdesign | 2018-06-14 13:04 | | Comments(2)

帰ってきました。梅雨空から青空へ






約20日間の日本滞在を終えて
昨日、カリフォルニアに帰ってきました


梅雨空の東京から一変
カリフォルニアは爽やかな青空が広がっていました


東京は3日前から梅雨入り

その一日中雨の降り続く日本より
昨日帰国


6月は、南カリフォルニアで一番いい季節(と思っている)

c0327528_12343963.jpg
帰ったらジャカランタが満開でした




いつも通りのビスケット


c0327528_12352531.jpg


日本とカリフォルニアどちらがいいのか
わかりません


でも友達が言っていた

There is no place like home
自分家よりいいところはない


という感じでしょうか



携帯投稿にどうしても馴染めず
読者の皆様のブログへも訪問できていず


明日から日常に戻りたいと思います

戻れるか?
戻らねば(汗)


しばらく、日本旅行記が続きます





 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

こちらもよろしく
                       
                           
                        ジャック・ラッセル・テリアランキング

by cloversdesign | 2018-06-13 12:42 | | Comments(4)