クローバーのLife is cozy

cloverusa.exblog.jp

タグ:ウェディング ( 52 ) タグの人気記事

ビーチウェディング







日本は黄金週間に突入しましたね!


11連休?のところもあるんですって!?


この時期、出張で大分に行こうと

1週間前に宿を取ろうとした外国人が
宿がなくて困ったと

日本の黄金週間をなめちゃいけませんね





さて先週末、先先週末とウェディングのお手伝いでした


2週ともオレンジカウンティのビーチシティである



LA界隈にはビーチもたくさんありますが
OCの南ビーチは、マリブやサンタモニカとはまた違って
のんびりしててちょっと庶民感もあり

家族がのんびりするのにいいところです


c0327528_09343020.jpg
セレモニーの行われる野外の会場
太平洋をバックに
ヨットハーバーも見えます



c0327528_09342292.jpg

最近は、こういったアーチが定番で
ガーランドでアーチを覆ったら
アレンジメントを取り付けます



ウェディングって華やかですが
実は重労働


脚立に乗ってジップタイで固定

日焼けはするは、力仕事であるわ
なかなかにスタミナが要ります




c0327528_09342605.jpg


ありがたいことに、気温は20度前後、海風もあって
少し肌寒いくらい




ゲストがカクテルを楽しむのを横目に



ああ〜ワイン飲みたい



黄金週間とは全く関係のないCloverでした(笑)






 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

こちらもよろしく
                       
                           
                        ジャック・ラッセル・テリアランキング

[PR]
by cloversdesign | 2018-04-30 09:50 | フラワーデザイン | Comments(4)

ひとりウェディング 〜センターピース〜



今日は昨日に引き続き
一人ウェディング


テーブルアレンジメント


c0327528_01211360.jpg

横長のテーブルに置くアレンジ

これを2つ並べたらスイートハートテーブルにも



AIFD(American Institute of Flower Designers)
が好きそうなデザイン


このようなアレンジメントだと合格しますよ



そして
カクテルテーブル


c0327528_01212284.jpg



昔、カレッジでウェディングのクラスを取っていた時の
プロジェクトが

ウェディングのプロポーサルから契約書作成
テーマ、デザイン
花材注文、費用の見積もり全て自分でやりなさい

擬似ウェディングでした


それまで、アメリカのウェディング事情も知らず

ブライズメイド?なにそれ?

それくらい、ボケボケだったのが
このプロジェクトをやり終えるころには
花を見て、頭でパパつとどのくらいの費用になるか
だいたいの数字がつかめるようになりました


大変だけどいい経験でした
あの時勉強したこと、一つ一つのアレンジの全てに
花代、資材、レイバー代を計算し
値段を表示する

あのプロジェクトノートは今は
私の宝物です

貧乏性な私は、このくらいの値段だったらありえんなあ
と、なるべく庶民の値段でできるよう工夫しました



そしたらさ

クラスのみんなは

はい合計$10,000(約百万円)
とか

$30,000(約3百万円)
とか

そりゃ、豪華だろうけど
花だけにそんなお金かけるセレブ何人いるんだい!


突っ込みたくなりましたが


それは成績にはどうでも良かったようで、、

ここ一番苦労したとこなのに

先生わかってくれたよね?


ウエディングフラワーにかけるお金

花だけでなく、花代をおさえ、工夫すれば
今度はレイバーコストが高くなるかもしれない

花嫁さんの夢を予算内で叶えるため
妥協したり、逆に工夫したり

これは大事ですよ





c0327528_01211360.jpg
こちらのセンターピースの
ワークショップします


興味がある方ご連絡くださいね〜




ウェディングをお考えの方お見積もり
いたしますよ




 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

こちらもよろしく
                       
                           
                        ジャック・ラッセル・テリアランキング

[PR]
by cloversdesign | 2018-04-25 12:30 | フラワーアレンジメント | Comments(4)

ひとりウェディング



先日、友達からシンビジウムをいただきました


それは立派なもので
2本も!


そうだ!ブーケを作ろうと思い立ち
ブライダルブーケを作ってみました


c0327528_09491893.jpg

ちょっと和風なセミキャスケード


アメリカではこのようなブーケホルダーを使ったブーケ
見かけなくなりました

もっとナチュラルなものがポピュラーなようで

ちょっとセンスがあれば作れる
素人ブーケが受けるようですよ
DIYブーケと読んでますがね



さてまだまだ材料あるし


c0327528_09492823.jpg


ブライズメイドも作ったり



c0327528_09492383.jpg
ブートニアも作ったり



一人で作って楽しむひとりウェディング



明日は、センターピースを紹介しますね


暇人やなあ

いや


練習だから、、






 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

こちらもよろしく
                       
                           
                        ジャック・ラッセル・テリアランキング

[PR]
by cloversdesign | 2018-04-24 09:58 | フラワーアレンジメント | Comments(2)

ウェディングガーランドと医療費の話




今日は試作でユーカリのガーランド作ってみました




c0327528_12511209.jpg

ローコストウェディングでよく使われるユーカリプタスの
ガーランド



ローコスト??いやいやレイバー代はかなり行きますよ


でも自分たちでというなら、今のトレンドだし
材料費もおさえられるので
おすすめです




c0327528_12511803.jpg


こんなキャンドルホルダーを置いたりして

萌えるわ〜




アドバイス代にいくらかいただけるのなら
DIYウェディングアドバイザーになります(笑)








さて、昨日に引き続き貧乏くさい話ですが



昨夜ね、歯をフロスト(糸ようじでクリーニング)してたら

ポンっと昔治療していた歯の詰め物が外れてしまったんです



一瞬、頭をよぎったのは


”いくらかかる?!”


日本でこういうことが起こるとすぐさま、歯医者さんに行って

何千円かで(それ以下?)元に戻してもらったもんです


一応当時社会保険は払ってましたけど




ここアメリカに来て、月々の保険料は当初家族4人で月に$700ほどでした

それだけ払ってたら医療費全面カバーされるでしょ?と
日本人感覚なら思いますが


ところがどっこい


私と娘2人は病院に行きませんよ

夫だけ


夫は目の手術をしたり(2回_

でも保険がカバーしてくれるのは
$7000以上の金額だけというプランでしたから

目の手術代金$8000のうち$7000は自払い


一月$700払っているうえにですよ!



話は元に、その月々の保険料には歯の治療は入っていません

私は健康だけが取り柄でアメリカに来て10年間
医者に行ったことはありません

が、歯はどうしても朽ちていく中年


こちらに来て、歯医者にかけこんだのだけど
どれも、神経治療が必要とのことで

一本$2500くらい払いましたか、、
2本だったので$5000(泣)

矯正とかホワイト二ングとかしてないですよ
(それってセレブの世界よね?えっ?ちがう!?)

なので今回も詰め物が取れた時に焦った
いくらになるのだろうか?

しかし、こういうことは素早くやれば大丈夫

早速早朝、日経の歯医者に連絡してアポ取りました

すぐもとどおりにしてもらいました


ですがね

取れたところのレントゲンと治療費で$120
まあ、これは想定内


そしてドクター曰く
今回は応急処置をしておきましたがやはり虫歯になっているようです


ひどくならないうちに直していた方が良いかと思います



お見積もりが$1000


でもその前に全体のレントゲン、クリーニングをして置いた方がいいと思うので


治療には
トータルで$1300ほど必要になります



あの詰め物がとれて今は痛くもないんですが


これって普通ですか?!


そんなこと言ってると過去に治療した虫歯全部やり直しになりませんか?


帰って、夫に相談したら
今は3Dクラウンが作れて(わけわからんけど)それが$1200するという


は〜?!ちょっと詰めものとれて痛くもないのに
$1200払うなんてそれ違うだろ!!

ったあんたうちにそれ払える??




日本で歯科衛生士している姪に相談したら
保険なしでも5〜7万円くらいでできるよ
とのこと




歯科技術に置いては(ほかの医療も?)

先進国のアメリカ


ここで医療を受けられるのは幸せだというけれど、、


それはお金あってのことなのですよね


街では結構、足を引きずっている人は多い
(満足な治療を受けてないんだろうな)



それで、今年の里帰りの際
日本で歯の治療を受けようかと思っています


一応、国保には入ってます


どのくらいになるんでしょうか?
はたまたアメリカで治療した方がいいのか?


どなたかアドバイスいただけたら嬉しいです






受付中です







 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ



[PR]
by cloversdesign | 2018-02-20 13:39 | 暮らし | Comments(8)

人と生産性




もう明日は大晦日ですね


2017年もあっという間に過ぎた1年でした

夏前に定期的に行っていたフラワーショップをやめたり

夏にはAIFD(American Institute of Floral Designers)
の認証式があったり

フラワーアレンジメントのレッスンをはじめたりと

慌ただしい年でした

転換期だったのか?

過去2年、いわゆる花屋で働いて
今年後半は、個人でウェディングやイベントを取っている
友達のところへ不定期で行っていました


まず花屋に勤めていた頃は、はじめてのこちらでの花屋でもあり
とんでもない量の仕事
まるで整理されていない組織の中で
もう機械のように体を動かしていて
経営だとか、そんなことは無縁というか考えることすらできない状態でした


それをやめてからは、友達の手伝いにはいったわけですが
ここで初めて、じっくりと花という仕事を見つめられたかなと思います

友達は
ガレージをスタジオにして仕事をとるわけですから
中小企業というより、家内工業


プロポーサルから一緒に同行させてもらい
デザインを一緒に考え、注文数を考え
人事を考え、時間配分を考える

c0327528_08295629.jpg
あくまでも配分は予定
注文していた花の配達が遅れたり
ストラクチャーが思うようにいかなくてデザイン自体をやり直したり


予定より早く終わる時もあれば
夜中までかかることも、、


ただ、家内工業ですから生産性をあげないと利益にはなりません
一人雇うのに何ドル、それを計算して
請求するお金がこれだけで人件費はここまでにおさえなければ
儲けはでない


そこで重要になってくるのが人です


どの経営者も言うことですが


会社を運営するにあたって
一番大切なのは人だよ


みんな生産性の高い人が欲しいのです




この生産性の高い人というのは
なにも上手い人に限りません
資格を持ってるとか、何年やってるとか(これは少し関係)
あまり重要じゃありません


花関係の仕事として



たとえば、花屋と一言で言いますが
イメージするのはふわっとした感じの花に囲まれたお姉さんですか?

いやいや実は3k職場で力仕事や、花のクリーンが
主だったりします



一つのウェディングブーケを作るのに
問屋から買ってきたお花をクリーンして、ステムカット、水揚げ材にディップして
フラワーフードを張った水に移し替える

ハンドタイブーケであるならば、さらに汚い花びらを取り
葉を取り除き、ステムが短いものは、ワイヤリングを施し

スパイラルに組んでいくのは数分でそれ以前の作業が実に大変なのです

c0327528_08300623.jpg
でも、お花のクリーンや、デザイナーが組みやすいように
ステムを綺麗にして準備するのは
特別な技術は入りませんよね?
少し教わるとできることです


時々、まだ何も知らない若い子や、自称トップデザイナーが来て
こんなことやってらんないわ

とギブアップしますが


でもデザインのできる人、上手い人は掃除も早くて上手いです

自分がデザインするにあたって何が必要かわかっているので
誰かがデザインしてるとスッと手を出してくれますし


空いた時間があれば皆が作業しやすいようにゴミを片付けたり
そうすることで生産性が上がるということがわかっています


結果、早く終わることができます

なかにはわざとダラダラして時給を伸ばしたり?
でもそんな人は次回にはお声がかかりません


どこかへ勤める時に、このくらいの注文があってこのくらいの売り上げがあるだろうな
と想像し、では自分はこの時給であれば、何時間で仕上げなければいけないだろうか?

そんなことをざっと計算して仕事に就くといいかもしれません

c0327528_08303667.jpg

でも初めてってそんなこと粒ほどもわかりませんよね〜


なのでそういう時はひたすら掃除をするに限る
何かすることはないかとオーナーに問う
雑用はいっぱいありますから、そんなことをしてると
それは生産性の高い人です


そうすれば最初はデザインなど全然できなくとも
教えてもらったりするのですよ


少なくともあんた要らないとは決して言われません


そして逆にオーナーも皆が仕事をしやすい環境を整えることと
仕事配分をしっかり整理しておくことも大切です
すぐ指示ができる’体制

オーナーはある程度信頼できるデザイナーを確保し
自分は数字的なこと
そしてデーターやデザインのアップデートなど(これ大事)に携わる


チームワークも大切

結局は生産性は人間性ですかね


言うは易し(汗)




 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
by cloversdesign | 2017-12-30 08:37 | フラワーアレンジメント | Comments(2)

最近のポピュラーなアメリカンウェディング






お久しぶりです

ちょっとサボってた間に
こちらはすっかり冬の気候です

とはいえ、山火事で、空気が淀んでいるせいか
またまた乾燥しているせいか

はながむずむず、、

そうこれは忘れていた杉花粉症の症状では!?

ひどくならないことを望みます



さて、先日は、ウェディングのお手伝いに行ってました
3日間ほど夜遅くまでアレンジを作ったり準備をしたり、

そうビッグなウェディングではなかったのですが
とにかく、細かい作業が多く
大変だけどやりがいのあるものでした


このウェディングが、とても今の30代アメリカ女性が好む
ウェディングスタイルだったので紹介します


サンディエゴの内陸の方
Fallbrookで行われた
野外ウェディング


c0327528_08523597.jpg
セレモニー会場です



アーチにはユーカリプタスのガーランド
クリスタルやグラスボールを釣り下げます







c0327528_08584851.jpg


レセプション会場は野外にテントを張って
奥に見える暖炉が素敵です

野外でというのは南カリフォルニアならではですね








c0327528_08592822.jpg


ゲストテーブル









c0327528_09015291.jpg


新郎新婦のチェアーデコ








c0327528_08581291.jpg


ウェディングケーキ








c0327528_09081834.jpg


スウィーツバーも可愛いでしょう?







c0327528_08584494.jpg


ウェルカムボード






c0327528_08580506.jpg


花嫁さんのブーケ


もうとにかくユーカリプタスは今のウエディングに欠かせません


グリーンをたっぷり使って
ナチュラルに

もちろんハンドタイでリボンは長く垂らしますよ



花嫁さんのこうしたいを形にして行くのは
楽しいですね
(大変だけど)





c0327528_08582352.jpg



いつまでもお幸せに162.png







 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
by cloversdesign | 2017-12-21 09:15 | フラワーアレンジメント | Comments(2)

アメリカでフローリスト 〜  ⑤ フリーランスデザイナー 〜





アメリカでフローリスト


今回はフリーランスデザイナーです


私の今の位置としてはフリーランスデザイナーになると思うのですが


呼び出しがあった時に店に赴く


私の場合、花屋ではなく

スタジオを持たず自宅で口コミでウェディング、イベントを
受け注している友達のところに不定期で行っています


こちらでスタジオを借りる


小さいところでも、多分一月$3000はくだらないだろうと思います


週一くらいのウェディングだけでは、花代、人件費などを考えると
とても運営していけません


なので最近は、自宅のガレージを仕事場にして
作業する人たちが増えています


みんなある程度、経験があって
昔、組織に入っていたが、一つの歯車となることが
いやだったり、自分の納得でやって見たい人たち


小さいながらも、オーナーとなるわけなので
責任はかかってくるし、ぶっちゃけ花屋で働いている方が
お金はたやすく手に入るかもしれない

でもちょっとでもこだわりをもちたい
自分の経営スタイルでやって見たい人は
独立の道を選びます


とはいえ、定期的にオーダーが入ってくるわけではなく
一月に1つの時もあれば、繁盛記は5〜6つとか


人材の確保も大変ですね

でもそう言った人たちは
デザインに対する考え方、顧客への対応
など、似た者同士というんでしょうか?
話がすごく合う




こういうものたち同士、人が足りない時に
助け合うような協会ができたらいいなと思っています



3日間、ブログをお休みしてましたが
そのこだわりウェディングのお手伝いをしていたわけで


c0327528_04335173.jpg

何ヶ月も前から作り続けていたペーパーフラワーウォール



まあ特に友達は人と同じはいやだ、タイプで

頼まれたウェディング、イベントは
何ヶ月も前から作戦を練り
丁寧に仕上げます


オーナー一人が考えるのでなく
デザイナーがアイディアを出し合いディスカッションする
私よりずっと経験もあるし
偉大なデザイナーですが、私にも意見を求め
アイディアを交換し合います

そういう手間が楽しかったりします
お金になんないけどね(汗)

終わった後の達成感もまたくせになる


c0327528_04483821.jpg





次回は、私が本格的にフラワーアレンジメントを習った
カレッジのクラスなどを紹介します





 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
by cloversdesign | 2017-09-18 04:53 | アメリカでフローリスト | Comments(0)

アメリカでフローリスト 〜  ④ ウェディング、イベントフラワー 〜






アメリカでフローリスト



フローリストといっても仕事は様々で
オーソドックスに町の花屋さんもあれば


ウェディング、イベントパーティなどが専門のお店もあります



私が以前勤めていたところは
そういうところで


シーズンになると週に5〜6個のウエディングがありました




c0327528_09213700.jpg



ウェディングフラワーの仕事は
アメリカでは今、若い子に人気なんだとか?


繁盛期にはいっぱいビギナーの若い子が手伝いに来てました


ウェディングフラワーは実に華やかで
普段は使わないような高価な花も使います



アメリカンウェディディングの今の流行りだとは思いますが、
ナチュラルで


無造作に花を束ねたような

ヘタウマ?的なDIYウェディングのようなものが
主流になってきています


ちょっとセンスがあれば、最近のトレンドを知っていれば
技術いらずでささっとできてしまうんですね


それにウェディングのセットアップは力仕事ですし
作品をさっと写真にとってインスタにアップして
そして仕事を得る


若い子にしかできないじゃん?


これをいうとおばさんのたわごとかもしれませんが


ビギナーといえばまず、掃除からでしょ?
花を触れるのは、一年後なんじゃ?

同じ世代だったらわかりますよね〜




しかしね、実際働いてると

英語がうまく話せない
おばさんっていうだけで

見下されることは多々あります


若い子、掃除なんてしないですから、、それはマイノリティかおばさんの仕事と
思ってる子がいますから



これも、アメリカの褒めて育てるの逆効果現象かしら?



日本もですか?



c0327528_09214272.jpg

流行りに逆らえないですけどね


ワイヤリングやスパイラルに束ねるというのを知らない子達が
一線で活躍してるのにはぞっとしてしまうおばさんです


ただ、ウェディングなどは休日前にあるので、
木、金、土と時間を拘束されるし
夜遅くまでセッティングということもあるので



なかなか小さい子供がいるお母さんには難しいですし
やはり独身でばりばりやっちゃう子が向いてますでしょうかね







次回はフリーランスデザイナーなど








受付中




おもちゃかぼちゃのアレンジがとても好評です

10月第1週も可能なのでお問い合わせくださいね




日本の方にはこちら、
4年前にアトリエにアップしてますよ










ご訪問ありがとうございます

よろしければポチッとお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
by cloversdesign | 2017-09-14 12:04 | アメリカでフローリスト | Comments(0)

コサージュ今昔





今日はコサージの習作


クラシックにピンオンコサージ


c0327528_06054199.jpg




花や葉っぱをワイヤリングして組んで行くクラシックなスタイル




お花のグルーができるまではずっとコサージやブートニアなどは
ワイヤリングして組んでました


慣れないと時間がかかるし、ポイントもいっぱいあるので
習って何個か作ってみないとなかなかささっと綺麗には作れません


ほんの6〜7年ほど前は、プロムもワイヤリングコサージで
前日は手が腱鞘炎になるほど作ったもんです



グルーがでてきてからは
ボウを作ってお花をグルーでつけて行くタイプ

だいぶ時間も技術も短縮されました


c0327528_13183686.jpg



もうこれも古くなって


最近のウェディングでは

リボンをリストレットにして小さく作ったり

さらに簡素化!



c0327528_07002474.jpg


c0327528_07000397.jpg

ワイヤーや多肉などを利用してコンテンポラリーに
作ったり



c0327528_05355658.jpg

それぞれに流行りのものは変わって行きます

今のブートニアはワイヤもグルーも使わず



c0327528_07133648.jpg
もはや束ねただけ!!



最近は(これをいうとおばさんだが)フラワーデザイナーになるって
わりと人気なんだそうですよ(アメリカでは)


しかしね、いわゆる丁稚奉公も経験なく
コサージのワイヤリングももちろん知らない

それでも、センスでやっちゃう今の若い子たち


DIYウェディングとでも言おうか


100年前まで、どこへ行くにも歩きだったのが
今や乗り物、自家用車で出かけることが
当たり前になったようなもんでしょうかね


ワイヤリング?どの時代のこと言ってんの?
みたいな

それよりSNS使えないとね

ここでね最近の若いもんはとか
昔はこうだった、こうあるべき

とか言ったら、逆に疎ましがられるんですよ



技術を伝えるというのは
大事なことだと思うのにねえ











 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
by cloversdesign | 2017-08-27 07:23 | フラワーデザイン | Comments(2)

デンドロビュームのクレッセントブーケ




今日のAimi floral designersさんのレッスン習作



デンドロビュームのクレッセントブーケです


c0327528_06482100.jpg


クレッセント
三日月型のブーケ

エレガントにできましたかね





さて明日からサンフランシスコに行って来ます


夫と私と次女の大学へ、寮に入るので荷物を車に積んで
移動です


車は後ろに荷物が積めるSUVなのですが

もう荷物が多すぎていっぱいいっぱい

寮なんてすごく狭いんだから
そんなに荷物持ってってどうすんの?


なほどに多い荷物

夫はぶつぶついうし、次女はどうしても持って行くと
聞かないし、

片道7〜8時間ほどのドライブ
平和であってほしいと願う母です





ビスケットも行きますよ〜









 ご訪問ありがとうございます
よろしければ帰り際にポチッと


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

[PR]
by cloversdesign | 2017-08-17 06:56 | フラワーアレンジメント | Comments(0)